松山、3差好発進 3連続バーディー締め!進藤キャディーの助言に感謝

松山、3差好発進 3連続バーディー締め!進藤キャディーの助言に感謝

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

9番でバーディーパットを決め、ガッツポーズする松山英樹(共同)

「米男子ゴルフ・全米プロ選手権・第1日」(10日、クウェイルホローC=パー71)

日本男子初のメジャー制覇を狙う松山英樹(25)=LEXUS=が6バーディー、5ボギーの70で回り、首位と3打差の15位と順調なスタートを切った。谷原秀人(38)=国際スポーツ振興協会=と小平智(27)=Admiral=は71で25位。池田勇太(31)=フリー=は72で、メジャー4大会全制覇が懸かるジョーダン・スピース(米国)とともに33位につけた。トービヨン・オルセン(デンマーク)とケビン・キズナー(米国)が67で首位に並んだ。

力強いガッツポーズだった。インスタートの松山は最終9番で15メートルのパットを沈め、3連続バーディー締め。グリーン上では珍しく感情を爆発させたが、ホールアウト後は淡々とした口調で「別に入んなくてもパーで上がれたらいいと思ってたので、ほんとにラッキーだった」と話した。

この日は午前7時45分にスタート。最初の10番で16メートルのバーディーパットを沈め、「完全に目が覚めましたね」。続く11番も連続バーディーとするなど、順調な滑り出しを見せていたが、本人はパッティングに関して一抹の不安を抱えていた。「あんまり調子よくないので、いつか外すだろうなと思ってやっていた」。そして、その悪い予感が的中する。

18番で3メートルのパーパットを外すと、折り返した1番では3メートルのチャンスを逃す。3番で第1打をバンカーに入れてスコアを落とすと4、5番ではいずれも1メートルのパーパットが決まらない。痛恨の3連続ボギーとなった。

しかし、ここから松山が世界3位の底力を見せる。7番パー5で第3打がカップをかすめるスーパーアプローチでバーディーを奪うと、8番は4・5メートルのチャンスを仕留める。そして最終9番のロングパットは「自分が読んでるラインと逆の方向へ行って入った。大典さんさまさま」。“舞台裏”を明かし、相棒の進藤キャディーの助言に感謝した。

「前半の感じならもう少し伸ばしたかったが、後半の途中の感じだったらよく戻せたなと思う」。安どの表情を浮かべながらも、悔しい気持ちをのぞかせた。首位と3打差。初の頂点を視界にとらえ、残り3日に臨む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松山が優勝候補1番手に 米ツアー公式サイト予想
松山はスピースらと同組/プレーオフ予選組み合わせ
松山英樹、練習で2種類のパターを使う理由 年間王者決定戦へ
イ・ボミ復活V!一時は泣き通し 清水キャディー「もう日本に帰って来ないかも...」
丸山、松山を絶賛「底なしのどん欲さがゴルフの成績に出ている」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加