逮捕の男「出所したら、また...」川崎トンネル殺害

逮捕の男「出所したら、また...」川崎トンネル殺害

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/13
No image

動画を見る(元記事へ)

川崎市のトンネルで27歳の女性が殺害されて服役中の男が逮捕された通り魔事件で、男が「出所したらまたやってしまうと思った」と話していたことが分かりました。

鈴木洋一容疑者(37)は2006年、宮前区のトンネルで、帰宅途中の黒沼由理さん(当時27)を刃物で刺して殺害した疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、逮捕前の任意の調べに対し、鈴木容疑者が「出所したらまたやってしまうと思った」と服役中に自供を始めた理由を説明していたことが分かりました。警察はどのように殺害したかなどについても裏付け捜査を進めていて、事件の全容解明を急いでいます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
銀座のど真ん中で「カート」事故 観光の韓国人男性
【報ステ】銀座のど真ん中で「マリカー」が事故
台風21号 日本に向かって北上へ
飲酒暴走「ルールまるで無視」 運転の男に懲役17年
厚労省“ブラック企業リスト”にヤマト運輸が追加 計476社に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加