カレー沢薫がアラフォー女子の“終活”を描く新連載「ひとりでしにたい」モーツーで

カレー沢薫がアラフォー女子の“終活”を描く新連載「ひとりでしにたい」モーツーで

  • コミックナタリー
  • 更新日:2019/07/23

カレー沢薫「ひとりでしにたい」と、赤瀬新一「コークス・コード」の新連載2本が、本日7月22日発売のモーニング・ツー9号(講談社)にてスタートした。

No image

「ひとりでしにたい」扉ページ。(c)カレー沢薫/講談社

すべての画像を見る(全3件)

「ひとりでしにたい」は、アラフォーの主人公・山口鳴海の“終活”を描く物語。憧れだった伯母が独身のまま孤独死をしたと知った鳴海は、自分は同じ道に進むまいと婚活を始めるが、容赦ない現実を突きつけられて……。また「コークス・コード」は、北関東を舞台に謎の黒い液体を巡るサスペンス。1日に1体粘土の人形を作る日々を送っている高校生のマコトは、友人たちとともに謎の黒い液体に襲われてしまう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“恋をするための寮”を舞台にした、里中実華の新連載がマーガレットで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加