あわや殺人事件...ナイフ所持の乱入者がスペイン代表MFに近づいていた

あわや殺人事件...ナイフ所持の乱入者がスペイン代表MFに近づいていた

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/10/12
No image

レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコに命の危険があったようだ。スペイン『アス』が報じている。

9日、スペインはロシアW杯欧州予選グループGの最終戦でイスラエルと敵地で対戦し、1-0で勝利。事件は試合終了後のピッチで起きた。同紙によると、6人のイスラエル人男性がピッチに乱入し、別行動をとった1人がイスコに接近。その男性はナイフを所持していたという。

幸い、容疑者がイスコに近づく前に地元警察に取り押さえられ、イスコに怪我はなかった。警察官のミッキー・ローゼンフェルド氏は、「警備上の問題はなかった。昨夜の出来事は一般的な警備の範疇にとどまるものです」と選手たちがいかなる危険にも晒されなかったことを強調している。

●ロシアW杯欧州予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セクシー女優 ペップの“虜”
人類は84年前に比べてどれだけ速く泳げるようになったのか分かる動画が想像以上にヤバい
ミス美尻 ヌードでメッシ激励
長友のインテルが首位決戦。ダメダメだった名門に名将が魔法をかけた
<サッカー>中国と韓国が親善試合を希望した国、結局選んだのは日本
  • このエントリーをはてなブックマークに追加