個別銘柄戦略:経済指標を受けての中国関連の動向など注目

個別銘柄戦略:経済指標を受けての中国関連の動向など注目

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/20
No image

株式会社フィスコ

本日は中国の7-9月GDPが注目イベントとなる。貿易収支の下振れで警戒感も高まっていようが、ここ数年は極めて変動率の低い数字となっており、過度な懸念は不要ともみられる。安心感の強まる状況となれば、中国関連などには安心感が高まっていく余地もあろう。インテルは決算発表後に時間外で下落、ハイテク関連には逆風だが、設備投資計画に変更はないとの観測もあり、製造装置関連には過度な警戒感が後退する方向にもなろう。富士フイルムやコニカミノルタなどアナリストの高評価銘柄、スプリント業績見通しを受けたソフトバンクの動向など注目も。

<KS>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マクラーレンの新型スーパーカー、「ハイパー GT」...限定106台はすでに完売
燃油サーチャージ、10カ月ぶり復活へ 円安の影響
「牛すじ煮込み」6500個回収=加熱殺菌が不十分-エスフーズ
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
  • このエントリーをはてなブックマークに追加