オリックスが四回に一挙5点 マレーロは10号2ラン

オリックスが四回に一挙5点 マレーロは10号2ラン

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/11

(パ・リーグ、オリックス-楽天、17回戦、11日、京セラ)オリックスはディクソン、楽天は岸が先発した。オリックスは二回二死満塁とし、T-岡田が押し出し四球を選んで先制した。楽天は三回、オコエの左翼線二塁打と茂木の二ゴロで一死三塁とし、銀次の左前適時打で同点。この回、アマダーも中越え適時打を放ち、1点を勝ち越した。

オリックスは四回に反撃。一死二、三塁から若月が2点二塁打で逆転すると、続くT-岡田が適時打を放ち、1点を追加。さらにマレーロが10号2ランを放ち、6-2と突き放した。

No image

4回、左翼ポール際にツーランを放つオリックス・マレーロ=京セラドーム大阪(撮影・山下香)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNA 継投裏目で連勝3で止まる 三上は出場選手登録抹消へ
神戸国際大付・花村、聖地マウンドで輝き放った162センチ左腕
ロッテ酒居プロ初勝利「素直にうれしい」地元で完投
巨人宇佐美、阪神秋山が1号/18日プロ野球まとめ
DeNA・ラミレス監督、山崎康晃は「基本的に使わないことにしていた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加