スター・ウォーズ世界巡回展、日本開催決定 8・8より東京で実施

スター・ウォーズ世界巡回展、日本開催決定 8・8より東京で実施

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2019/04/23
No image

スター・ウォーズ世界巡回展、日本開催決定

スター・ウォーズの世界を体感できる大規模な世界巡回展『STAR WARS Identities:The Exhibition』が、日本で開催されることが23日、都内で行われた会見で発表された。8月8日から2020年1月13日まで、東京・寺田倉庫G1ビルで実施される。

【展覧会の模様】カーボン凍結されたハン・ソロ&奴隷となったレイア

同展は「コレクション」「インタラクティブなクエスト」「科学的コンテンツ」の3つの柱によって構築。「What forces shape you?(自分を形成するフォースは何か?)」という問いに対して、来場者は会場内にある10のインタラクティブスペースを通過することで答えを探っていく。

会場には、ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート所蔵の200点以上の膨大なオリジナル・コレクションから、小道具、模型、衣装、映画のオリジナルイラストを展示。オリジナル・トリロジー、プリクエル・トリロジー、アニメ・シリーズの『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』、2015年公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』まで、さまざまな作品を網羅している。

インタラクティブスペースは科学的コンテンツとしてテクノロジーを駆使して開発されていることから、来場者の選択がスター・ウォーズの世界とリンク。回答によって創り出されるキャラクターは5000万通りあり、回答者の個性が反映されたキャラクターのアイデンティティーが創り上げられる。それによって、自分がスター・ウォーズの世界に存在した時に「どのようなアイデンティティーを持つか」を体験することができる。

今回の開催にあたって、ジョージ・ルーカス氏は「スター・ウォーズはファンタジーの世界で展開されるストーリーのため、映画を見る人々が共感できる、わかりやすいキャラクター設定を心がけました。想像の世界から飛び出したようなキャラクター達は友人、敵、価値や信念などの背景を知って初めて彼らの真のアイデンティティーが見えてきます。本展覧会では、スター・ウォーズのキャラクターを改めて同じ目線で見て、共感して、一人ひとりに潜むアイデンティティーが何かを問いかけます」と呼びかけている。

会見には、日本展のアンバサダーを務める市川紗椰も出席。「キャラクターに焦点をあてたものになっているので、おなじみのキャラクターの新しい魅力を発見できます。ほかのスター・ウォーズの展覧会と決定的に違うのは、スター・ウォーズだけでなく、我々を形成するアイデンティティーにも迫るものになっているところです」と力説していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「空母いぶき」騒動:左右の脊髄反射に違和感
「うちの執事~」永瀬廉 神宮寺勇太 清原翔が「ガルアワ」にサプライズ登場
長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』読めなさすぎる展開に反響
今夏はアナ雪! ディズニーの大人気目隠しダイニングが再演
救世主、殺し屋、暴走科学者!キアヌ・リーヴスの役柄が壮絶すぎ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加