真っ向勝負のロック - 『Take Me Under / Winding Road』 MAN WITH A MISSION

真っ向勝負のロック - 『Take Me Under / Winding Road』 MAN WITH A MISSION

  • rockinon.com
  • 更新日:2018/04/17
No image

ニューシングルは両A面で、“Take Me Under”は映画版『いぬやしき』の主題歌。彼らはTVアニメ版の同作主題歌を“My Hero”で担当した時、オーケストラの導入で壮大なアレンジにした。それに対し、テレビから映画へと作品がスケールアップする段階でMAN WITH A MISSIONが選択したのは、バンドサウンドだった。プロデュースを担当したBOOM BOOM SATELLITESの中野雅之がデジタルな方向ではなく、直球のロックを推奨したことに彼らの意気込みが表れている。もう1曲の“Winding Road”(TVアニメ『ゴールデンカムイ』オープニングテーマ)もそうだが、影響を受けた90年代グランジを咀嚼したモダンな音像で、グッドメロディとともに響かせる。そんな自分たちの基本的課題に改めて向きあったのだ。そうすることでオーケストラなしでも熱量で負けない曲を生んだ。また、カップリングの“The Anthem”は、じわじわと盛り上がるアレンジで、ライブで手拍子が起きる様子をすぐに想像できるアンセムらしい曲。バンドとして真っ向勝負した充実のシングルだ。(遠藤利明)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【独占取材】『仮面ライダービルド』挿入歌「Ready Go!!」制作秘話をスーパークリエイター&次世代ユニットX21から選抜されたAXL21メンバーに聞いてみた
世界的DJアヴィーチー(Avicii)さん、死去
【独占取材パート2】小室哲哉、浅倉大介によるユニットPANDORAのフィーチャリングボーカルBeverlyとAXL21がスーパークリエイターと主題歌、挿入歌を歌う『仮面ライダービルド』について語り合う
渋谷すばるの脱退で関ジャニ∞が封印せざるを得ない楽曲とは
GENERATIONS、『Mステ』で新曲初歌唱。ダンス“シュート” も披露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加