施工期間2日で耐震性向上!木造住宅用耐震補強フレーム

施工期間2日で耐震性向上!木造住宅用耐震補強フレーム

  • RBB TODAY
  • 更新日:2016/12/01
No image

YKK APは、木造戸建住宅1階の窓の外側に取り付け、窓を活かしながら住宅の耐震性能を向上できる耐震補強フレーム「FRAME+ G2(フレームプラス ジーツー)」を2017年3月より発売することを発表した。

大きな窓は暮らしの快適さという面ではメリットとなる一方で、耐震性を考えると弱点となりうる。そのため耐震リフォームを行う場合、通常は窓を小さくし、壁を増やすという方法が一般的だ。あるいは床・壁・天井をはがして構造躯体を補強するという方法もあるが、いずれにしても工事が大がかりとなり、生活にも負担がかかる。

同社では、窓やドアなどの開口部はそのままに、外側から補強することで耐震性能を向上できる耐震補強フレーム「フレームプラス」を2014年10月から販売しており、今回の新製品「フレームプラスG2」はその新たなバリエーションとなる。

「フレームプラス」は、「アルミ三方枠+新設基礎」という構造だが、「フレームプラス G2」は新設基礎ではなくアルミ下枠を既存基礎にスチール金物で固定する「アルミ四方枠」構造。施工を簡略化したことで、通常なら2~3週間かかる施工期間を2日へと大幅に短縮し、工事費用(材料費+施工費)も約3割削減された。

また「フレームプラスG2」も「フレームプラス」と同じく屋外側の工事が主体のため、住人は工事中も普段とほぼ変わらない生活を送ることができる。

価格は現時点では未定だが、製品代と施工費の合計で1箇所(フレームサイズ幅1,820mm×高さ3,00mm)あたり100万円程度(税別)を想定しているとのこと。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロに1年潜入取材してみた!
ムーミンのテーマパーク、2019年春オープンに 北欧イメージの別エリア「メッツァビレッジ」は2018年に先行開業
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加