【速報】杉田勝利 日本1勝目

【速報】杉田勝利 日本1勝目

  • tennis365
  • 更新日:2017/09/15
No image

WG1回戦時の杉田祐一 : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子テニスの国別対抗戦 デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本vsブラジル(日本/大阪、靱テニスセンター)は初日の15日、シングルス第1試合が行われ、世界ランク42位の杉田祐一が同244位のG・クレザー(ブラジル)を6-2, 7-5, 7-6 (7-5)のストレートで下し、日本は1勝をあげた。

>>添田vsモンテイロ 1ポイント速報<<

この日、先にブレークチャンスを握るも取りきれなかった杉田だったが、第6ゲームでブレークに成功すると流れを掴み、第8ゲームでもクレザーのサービスゲームを破って第1セットを先取する。

続く第2セット、杉田は第1ゲームから2ゲームを連取するが、第3ゲームですぐにブレークバックを許して振り出しに。調子を上げてきたクレザーに苦戦するも、安定したプレーで攻め続け、第12ゲームで2度目のブレークに成功して王手をかける。

第3セットでは先にクレザーにブレークされた杉田だったが、土壇場の第10ゲームでブレークバックしタイブレークへ突入。その後は、杉田がリードを守りきり、勝利を手にした。

続くシングルス第2試合には、世界ランク139位の添田豪と同116位のT・モンテイロ(ブラジル)が対戦する。

日本は、昨年のワールドグループプレーオフ ウクライナ戦に錦織圭西岡良仁ダニエル太郎、杉田祐一の布陣で挑み、5連勝をおさめてワールドグループ残留を決めた。

今年2月のワールドグループ1回戦ではフランスと対戦。錦織を欠いた西岡、杉田、ダニエル、内山靖崇の4選手で臨むも、1−4で敗れて今回のプレーオフを戦うことになった。

日本とブラジルの組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:杉田祐一 6-2, 7-5, 7-6 (7-5) G・クレザー
・シングルス第2試合:添田豪 vs T・モンテイロ

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:B・マクラクラン/ 内山靖崇 vsM・メロ(ブラジル)/B・ソアレス(ブラジル)

【大会3日目】
・シングルス第1試合:杉田祐一 vs T・モンテイロ
・シングルス第2試合:添田豪 vs G・クレザー

デビスカップは、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行なう。2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NMB矢倉 じゃんけん大会V逸も前向き「M-1でも2位が売れるジンクス」
錦織圭の育て方 「超一流のメンタル マイケル・チャンのテニス塾」発売
ナダルとフェデラーがダブルスを組んで最初の勝利 [レーバー・カップ]
守屋宏紀は予選決勝で敗退 [シンセン・オープン]
フェデラーら欧州組が勝利

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加