亀田興毅氏、現役復帰について「まだ決まったわけではない」/BOX

亀田興毅氏、現役復帰について「まだ決まったわけではない」/BOX

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/13

プロボクシングの元世界3階級王者、亀田興毅氏(31)が13日、ニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」(土曜前5・0)に出演。元日の現役復帰宣言について言及した。興毅氏は、1日に出演したAbema TV「AbemaTV新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負」の中で「自分もやり残したことがある。やらなければならない試合がある。それがもしできるのであればもう一回リングに上がろうと、現役復帰しようと思う」と、約3年ぶりに再びリングに立つ可能性を示唆していた。

パーソナリティーを務めるフリーアナウンサー、徳光和夫(76)から現役復帰について尋ねられると、興毅氏は「まだ決めたっていうとこほどでもないですよ。相手ありきっていうのもありますし、そんなにまだ決まったわけではないですね。全く整っていないです」と現状を説明した。

興毅氏が“やり残した試合”についてはさまざまな憶測が流れており、一部ではローマン・ゴンサレス(30)=ニカラグア=の名前も挙がっている。興毅氏は「ローマン・ゴンサレスはすごいチャンピオンですよ。逆に闘ってくれないですよ、向こうが。相手もしてくれないですよ。こんな引退した、言うたらもう、おっちゃんですよ、自分なんか。そんな名チャンピオンが闘ってくれないですよ」と、同選手との対戦は否定。復帰についても「正直難しいですよ」と語った。

引退後はまったくトレーニングをしていないといい「今からって考えたらやぱり難しいですね」と復帰には厳しい現実が…。それでも、「できるとすれば今ぐらいの年齢しかないと思うんですよ。これがあと半年、一年遅くってなると違うかなとも思うんですよね」と今しかできない挑戦であることを強調した。

No image

亀田興毅氏

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
南極点到達の荻田さん帰国=北極点再挑戦にも意欲
WWEロウ25周年にオースチンらレジェンド大集結
アスカがリベンジに成功、無敗記録を死守 WWE
あいつはプロレスラーの強さって何なのかをわかっていない 元プロレスラー キラー・カーン【後編】
ゴールドバーグが殿堂入り WCW、WWEで活躍
  • このエントリーをはてなブックマークに追加