ネイマール去就48時間以内に決定か バルサは力業

ネイマール去就48時間以内に決定か バルサは力業

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/08/15
No image

レオナルドSD(左)とアル=ヘライフィー会長(AP)

ブラジル代表FWネイマール(27)の将来が今後48時間以内に決まる可能性があると、スペイン紙ムンド・デポルティーボ(電子版)が14日に報じている。

バルセロナとパリ・サンジェルマンは13日、ネイマール移籍についてパリのホテルで正式に話し合いを開始し、バルセロナはブラジル代表MFコウチーニョなどを含めたトレードを提案した。

さらに15日にリバプールで開催されるECA(欧州クラブ協会)の会議に両クラブの会長が出席予定になっているため、同紙はバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長とパリ・サンジェルマンのナーセル・アル=ヘライフィー会長が会議前夜(14日)にネイマールについて話す可能性があることを伝えている。

現在、パリ・サンジェルマンはホームスタジアム、パルク・デ・プランスで先週末に開催されたリーグ開幕戦で、自分たちのサポーターがネイマールに向けた抗議活動を行ったことにより、ネイマールを放出しなければならない状況に置かれており、アル=ヘライフィー会長はネイマールをレアル・マドリードに移籍させることに賛成しているとのこと。

しかし、いずれにしても、バルセロナと最初の話し合いを行った後で、パリ・サンジェルマンはRマドリードがどのような動きを見せるのか様子を見ることになるという。

なぜならRマドリードはプレミアリーグの移籍市場が8日に閉鎖したことにより、ジネディーヌ・ジダン監督が以前より求めているマンチェスターUに所属するフランス代表MFポール・ポグバをほぼ獲得できなくなったため、フロレンティーノ・ペレス会長がネイマール獲得により、ファンに向けて大きな効果をもたらせることを望んでいるためである。

もしRマドリードが、パリ・サンジェルマンがバルセロナから獲得した際に費やした2億2200万ユーロ(約277億5000万円)を金銭で支払う場合、アル=ヘライフィー会長はバルセロナ復帰を第一希望に掲げているネイマールに、Rマドリードへ移籍するようにプレッシャーをかけるとのことだ。

そのため1部リーグ開幕前までに、長らく続くネイマールの移籍騒動に終止符が打たれることになるかもしれない。

(高橋智行通信員)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バルサB安部、2人抜き華麗ドリブルから移籍後初得点 クラブ速報「個人技でゴール」
レアルB久保建英、絶妙ダイレクトタッチで同点弾の起点 フル出場で存在感も2-3惜敗
大食い大会に参加した男性が死亡 「噛まずに飲みこんでた」との情報も
レアル久保、乱闘騒動で仲裁役 憤怒の相手に“紳士対応”で現地称賛「平静さを示した」
レアル・マドリーのエリクセンへのオファー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加