脱「おてもやん」顔! 濃くつく&ムラになるetc.チークの難しさをさくっと解決

脱「おてもやん」顔! 濃くつく&ムラになるetc.チークの難しさをさくっと解決

  • MAQUIA ONLINE
  • 更新日:2017/11/13

顔がぱっと明るくなるチークも、濃すぎると魅力が激減。「MAQUIA」12月号では、長井かおりさんがチークの塗りテクニックをレクチャー。

No image

教えてくれたのは…

No image

ヘア&メイクアップアーティスト
長井かおりさん
雑誌、広告、テレビなどで活躍中。著書である『美しくなる判断がどんな時もできる』(ダイヤモンド社)も好評発売中。

チーク編
「顔がぱっと明るくなるチークも、濃すぎると魅力激減。さりげなさは、テクでこそ実現できます」(長井さん)

No image
No image

「クリームチークは、指でダイレクトにつけようとすると力加減が難しく、ムラになりやすいんです。力を分散させてつけられる、スポンジ使いが必須です。ベースメイクで使ったFDつきスポンジにクリームチークをつけてから頬にのせると、難なくなじみます」。

No image

POINT 垂直当ては御法度!
「チークをのせる際は、チークブラシの面を使うのが、おてもやん阻止のルール。チークを含ませるのもブラシの面。先端にグルグルとつけることはしません。チークを含ませたブラシを、一度手の甲でバウンドさせてから頬に当て、2、3回すーっとなでれば完成」。

No image

MAQUIA12月号

撮影/岩谷優一〈vale.〉 ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/福永いずみ モデル/玉井らん 取材・文/浦安真利子 企画/吉田百合(MAQUIA)

【MAQUIA12月号☆好評発売中】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ジルスチュアート】ふんわりシルク肌作るならこれ♡
20~30代女性の関心が高いダイエット法TOP5
冬のスキンケア 乾燥から肌を守る3つの対策
冬はニベアクリームを使い倒せ! 知らなきゃ損な「裏ワザ」6つ
肌を見せると太りにくい?その理由と気にするべき点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加