太田雄貴氏 日本フェンシング協会会長就任「慎重かつ大胆に」異例31歳の若さ

太田雄貴氏 日本フェンシング協会会長就任「慎重かつ大胆に」異例31歳の若さ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

北京、ロンドン両五輪で銀メダルを獲得したフェンシングの太田雄貴氏(31)が13日、自身のインスタグラムを更新し、11日付で日本フェンシング協会の会長に就任したことを報告した。

No image

日本フェンシング協会会長就任を報告した太田雄貴氏

同協会が11日に理事会を開き、新会長に太田氏を選出。この日のインスタグラムで同氏は「突然の事であった為、非常に動揺をしましたが、仰せつかったからには一生懸命頑張りたいと思っています」と抱負。また、会長として(1)フェンシングを通して健康や喜びを社会に還元したい(2)競技人口を現在の6000人から5万人を目指す(3)東京五輪の成功(4)財政基盤の安定、の4点を実現させたいとし「様々な人にお力を借りたり、お願いをする事があるかもしれません」と協力を呼びかけた。

31歳で国内競技団体の会長に就任するのは異例の若さだが「慎重かつ大胆に舵を切っているように努めます」。最後は「フェンシングに携わっている全ての方々が、フェンシングっていいな。フェンシングやってて良かったな。と思えるような競技団体を目指したいと思っています。フェンシングが日本のスポーツの成功例として数えられるように一生懸命頑張りますので、今後とも応援宜しくお願い致します」と力強くつづって締めくくった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
内田篤人の移籍容認は苦渋の決断...シャルケSD「簡単ではなかった」
悩める天才ウィルシャーが激昂 両軍入り乱れる乱闘で一発退場、通路でも小競り合い
Cロナウドが怒り爆発。退場時スタンドめがけ「そうやってお前らは...」
中村俊輔が振り返る自身の転機――ドイツW杯で突き付けられた力不足、そしてセルティックとの幸福な関係
内田ドイツ2部ウニオン移籍、決め手はケラー監督
  • このエントリーをはてなブックマークに追加