『ラブライブ!』二次創作から星雲賞へ アイドル、百合、ソシャゲをSF化した異端小説

『ラブライブ!』二次創作から星雲賞へ アイドル、百合、ソシャゲをSF化した異端小説

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2018/01/16

小説家・草野原々さんによる『最後にして最初のアイドル』の文庫版表紙が公開された。発売は1月24日(水)。

表紙イラストを手がけたのはTNSKさん。漫画『ブラック★ロックシューター THE GAME』なども手がけた人気イラストレーターだ。

『ラブライブ!』二次創作から生まれたSF小説

2016年、『最後にして最初のアイドル』が「第4回ハヤカワSFコンテスト」で史上初の特別賞を受賞し、SF作家デビューした草野原々さん。

山田正紀さんの『神狩り』以来42年ぶりとなる、デビュー作で星雲賞受賞ということも注目を集めたが、それ以上に本作がもともと『ラブライブ!』のSF合同同人誌に発表された作品(原題は「最後にして最初の矢澤」)であることが話題に(外部リンク)。

Kindleストアの売れ筋ランキングで全電子書籍の第1位も獲得した。

No image

二次創作から《特別賞》へ――「SFに求めるものは人間の頭をおかしくさせることだ」|【本日配信開始】『最後にして最初のアイドル』草野原々、大いに語る|SFマガジン| https://t.co/3cqm6F76Gx
— 早川書房 (@Hayakawashobo)
2016年11月22日
from Twitter

文庫化にあたり、ガチャが得意なフレンズたちが宇宙創世の真理へ驀進する「エヴォリューションがーるず」、異能の声優たちが銀河を大暴れする、書き下ろしのスペースオペラ「暗黒声優」を追加収録。

No image
No image
No image

『最後にして最初のアイドル』の書影が公開されました!すばらしいですね。アイドルとソシャゲと声優を煮込んでSF化した短編集なので、是非買ってください! https://t.co/I76S6rsvfI
— 草野原々@星雲賞日本短編部門受賞! (@The_Gen_Gen)
2018年1月11日
from Twitter

アイドル、ソーシャルゲーム、声優、百合……現代のオタクを語る上で外せないカルチャーをSF化した珠玉の短編集となる。

また、小説『GODZILLA 怪獣黙示録』(大樹連司名義)、評論『セカイ系とは何か』の前島賢さんによる解説も収められる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「咲-Saki-」初日迎えキャスト陣が感慨、中山莉子「作品から学んでいきたい」
1月20日の注目映画第1位は『ジオストーム』
女優5人そろえば迫力は「和製セックス・アンド・ザ・シティ」!監督の失言に“総口撃”
不気味の谷は過去のもの? 映画『ブレードランナー2049』に登場するレイチェルのVFX裏側
「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章 天命篇」冒頭10分&第一章~第三章ダイジェスト映像解禁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加