テイラー「214ce-DLX」にローズウッドに似たコパフェリ材使用のNEW 200 DLXシリーズ登場

テイラー「214ce-DLX」にローズウッドに似たコパフェリ材使用のNEW 200 DLXシリーズ登場

  • BARKS
  • 更新日:2017/10/13
No image

Taylor Guitarsのエレクトリックアコースティックギター「214ce-DLX」に、新たにコパフェリ材を使用したNEW 200DLXシリーズ「214ce-CF DLX」が登場した。

コパフェリ(Copafera/別名: African Etimoe)は、これまで200DLXシリーズで使われてきたローズウッドに見た目もサウンドもよく似た木材で、今回よりバック&サイドに採用。ローズウッドが国際取引に関する条約により制限されたことから、新たにシリーズの後継材となっている。

従来モデル同様、トップはソリッド・シトカ・スプルース(グロス・フィニッシュ)で、ピックアップはExpression System 2(ES2)を採用。ネックはサペリで、1-11/16インチ。ハードケースが付属する。

No image

製品情報

◆214ce-CF DLX
価格:220,000円(税別)
発売日:10月11日より順次出荷

関連リンク

◆Taylor Guitars
◆BARKS 楽器チャンネル

関連画像&映像

◆Taylor 画像

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソースネクスト、世界50言語対応の通訳ガジェット SIMカード内蔵
深刻化するIoTセキュリティ。人材不足を越える策
あの日あの時あのコンピュータ (16) 「8ビット御三家」到来、イメージキャラもビッグ3 - 富士通「FM-7」
スマホの「のっとり盗撮」を防止―カメラをふさげるシール
話題のドン・キホーテに続き、各社が参入! 4Kテレビはなぜそこまで安い?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加