スノボ平野歩夢、東京五輪新種目のスケボーに挑戦へ

スノボ平野歩夢、東京五輪新種目のスケボーに挑戦へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15
No image

男子ハーフパイプのメダルセレモニーで記念撮影に納まる、左から2位の平野、優勝したホワイト、3位のジェームズ(撮影・河野匠)

スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢(19=木下グループ)のメダル物語は2年後の舞台へと続く。

20年東京五輪で新種目に採用されたスケートボードでの出場を目指す環境を整えていることが14日、分かった。

昨年4月、日大・スポーツ科学部がある三軒茶屋キャンパス。その地下からつながる吹き抜けに、高さ約5メートルのスケートボードのバーチカルランプ(ハーフパイプのような傾斜が急な壁)が完成した。

それは平野が入学に合わせ、大学側へリクエストしたもの。同年3月に左膝を痛めた平野は「けがのリハビリもあって、あまり使えなかった」と話したが、今季のスノーボードのシーズンが終われば、積極的に活用するつもりだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
うつ病の人が良く使う言葉には特徴がある。言語分析で「うつ語」の存在が明らかに(英研究)
フィギュア・宮原知子が4位入賞 松岡修造の「神インタビュー」に称賛の声
【悲報】ノンスタイル石田さんの『#医者に言われた衝撃的な一言』が衝撃的すぎて心配の声多数「マジで大丈夫なのか...」
【衝撃】カーリング女子吉田知那美さん、ラブライバーだった! 突然の「にっこにっこにー」にネット混乱トレンド1位
人助けよりSNS優先......目前で男に襲われ泣き叫ぶ少女を放置して動画撮影する人々
  • このエントリーをはてなブックマークに追加