民進と希望が大筋合意 安保法制「譲り合った」

民進と希望が大筋合意 安保法制「譲り合った」

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/14
No image

動画を見る(元記事へ)

民進党と希望の党の幹事長が会談し、統一会派の結成について大筋で合意しました。

民進党・増子幹事長:「きょうは大変、有意義な会議であったと思います」
希望の党・古川幹事長:「安倍1強政治に対峙(たいじ)をしていく。野党としての大きな固まりをつくっていく」
食い違いがある安全保障法制への考え方については「譲れるところは譲った」としています。15日、両党幹部が会談して正式に合意したうえで、それぞれの党で了承手続きに入ります。しかし、両党内には「考え方が違うのにもめるだけだ」といった反対意見が根強くあります。一方、立憲民主党の枝野代表は「あり得ない」と述べて、統一会派への合流を改めて否定しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【自民党総裁選】野田聖子総務相、総裁選へ意気は軒高、支持は低調 石破茂氏との「対安倍」候補一本化拒否も推薦人いまだ見当たらず...
安倍首相、エストニアを訪問しサイバー分野などで協力
転居などの行政手続き一括化 eガバメント閣僚会議が実行計画
民進・希望統一会派問題、野田氏ら「排除組」が反対
菅義偉官房長官、東京新聞の望月衣塑子記者に「事実に基づいて質問を」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加