はたしてその実力は本物か?APS-Cサイズのソニーの最新ミラーレスカメラ「α6400」

はたしてその実力は本物か?APS-Cサイズのソニーの最新ミラーレスカメラ「α6400」

  • @DIME
  • 更新日:2019/08/25
No image

2018年にフルサイズミラーレスが出揃ったが、今年も1億画素超の中判モデルが発売されるなど新機種から目が離せない。そこで最新モデルの目玉機能の実力をチェックした。

大型から小型までミラーレスカメラ市場はまだアツい!

昨年、ソニー、キヤノン、ニコンから出揃ったフルサイズミラーレスカメラが一躍トレンドとなったが、引き続き今年もミラーレスカメラの市場は話題に事欠かない。

富士フイルムは中判ミラーレスで、史上初となる1億万画素超えの『GFX100』を発売。大きくて重いという中判の常識を打ち破る、コンパクトで持ちやすいボディーに強力な手ブレ補正と高速AFで、シルバー世代からの支持を狙う。

パナソニックはフルサイズを極める、高級モデル『LUMIX S1R』を投入。ローパスフィルターレスの新型センサーは4730万画素を誇る。また、同機種の対応レンズとして、カメラファンから人気のライカレンズも今後、登場する。

一方、ミラーレスカメラの先駆者・ソニーからはAPS-Cサイズの『α6400』が発売された。自慢の瞳AFを動物にも対応させるなど、フルサイズ機と同等の機能を搭載する。

今回のテストでは、暗さへの対応はいずれも高い完成度を見せた。今後、さらにどんな驚きの機能が搭載されるか注目だ。

『α6400』を回診した人

No image

森 博之さん

フリーランスのフォトグラファーとして雑誌や広告撮影などで活躍中。

テスト項目

[TEST.1]動物瞳AF

新たに追加された動物瞳AFを検証。ネコ、犬が得意で、鳥や黒い毛の動物が苦手だという。

[TEST.2]常用ISO感度

常用ISO感度の上限を使い撮影して、解像度とノイズをチェック。

[TEST.3]手ブレ

手ブレ補正機能で成功率100%のシャッター速度から、さらに遅くして限界を探る。

「瞳認証AF」の先駆者は動物にも対応

ソニー『α6400』 オープン価格(実勢価格約10万7830円)

No image

APS-Cサイズのメリットを生かして交換レンズも含めて小型軽量、ハイコスパな中級者向きモデル。ミラーレスらしからぬフラットなデザインに最新のリアルタイム瞳AF・AIを活用したリアルタイムトラッキングを搭載。

センサーサイズ:23.5×15.6mm 有効画素数:2420万画素
AF追従連写速度:11コマ/秒 手ブレ補正:ボディ非搭載
常用感度:ISO100〜32000 撮影時重量:403g

[TEST.1]「すぐに瞳にピントが合います!」

No image

「カフェでの撮影。黒い犬なのに動物瞳AFが、全く外れないとペット専門カメラマンにも驚かれました」。走る犬の連写では途中まで瞳AFが追尾、最後は普通のAFに切り替わってピントが外れてきた。

【評価】★★★★★

[TEST.2]「明るいところはキレイだが暗部はやや弱い」

No image

「ISO32000で、光のある所はキレイな描写ですが、暗部は画質が粗くなりました」。しかし、これほど高いISOなら、かなり実用的。

【評価】★★★★☆

[TEST.3]「1/8秒で成功率100%です」

No image

「EVFを覗いて脇を締め息を止めて撮影しました」。手ブレの限界はAF-Cで1/6秒、成功する確率は50%だった。

【評価】★★★☆☆

〈森’S 総合評価〉

No image

「レンズキットが約15万円とハイコスパで高性能。ミラーレス入門機としてもオススメ。瞳AFは最先端をいく。唯一、残念な点はボディー内に手ブレ補正機能がないこと」

取材・文/ゴン川野 撮影/森博之

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
親指サイズで手ブレ補正に強い防水アクションカメラ「Insta360 GO」が正式発表 予約受付を開始し価格は2万3800円
低価格ビジネスノート「ThinkBook」新作を実機チェック - IFA 2091
キャンドゥ「パスワード管理帳」に感動の声続出!パス忘れ&再設定の悪循環から脱出
スマホの決済サービスが増えすぎてわからな~い!がひと目でわかるカオスマップ登場
セシウム入り燃料による「プラズマステルス」が可能だった偵察機「A-12」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加