ヤクルト中村、敬遠申告制は準備がポイント「早めの決断がいる」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/12

ヤクルト・中村が11日、導入が決まった敬遠申告制について、試合中の準備をポイントに挙げた。 「4球あれば考える時間がある。それがなくなる」と指摘し、「(攻守)互いに重要な場面。早めの決断がいるかも」と推察。昨季はルーキの敬遠暴投も経験したが、プレー自体への影響は「特にないかな」と否定した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム栗山監督がいま明かす「大谷との5年間、清宮とのこれから」
女子プロ野球の“美女ナイン”「総選挙」、投票締め切り間近で加藤優が首位
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
2018ドラフト候補の大学生投手5人。ジャパン合宿で見たら凄かった
日本ハム清宮が好物を告白 骨挫傷は「大丈夫です」とキッパリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加