神ってる鈴木誠也「僕は一生、忘れない」流行語大賞

神ってる鈴木誠也「僕は一生、忘れない」流行語大賞

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

左越えに3点本塁打を放つ鈴木誠也(2016年6月18日)

年末の風物詩、「現代用語の基礎知識選 2016ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、都内で発表され、「神ってる」が年間大賞に選ばれた。

発表・表彰式には、広島の25年ぶり7度目のセ・リーグ優勝に大きく貢献し、言葉の由来となった神懸かり的な活躍を見せた鈴木誠也外野手(22)が駆けつけた。

「本日は、このような賞に呼んでいただき、まことにありがとうございます。『神ってる』は、僕自身が言った言葉じゃないので、どのように喜んでいいか分からないが、うれしく思う。優勝していい年になった、僕は一生、忘れないと思う」とあいさつした。

鈴木は6月17日、18日のオリックス戦で2日連続のサヨナラ本塁打、19日の同カードでも8回に決勝ソロを放つなど3試合連続のV弾。緒方孝市監督も鈴木の神懸かり的な活躍を「神ってる」と表現した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
荒川博氏の死去に「最後の弟子」中日渡辺ショック
巨人、FAの陽岱鋼獲りに参戦 5日にも正式オファー
巨人小山、楽天柿沢のトレードが合意
日本ハム・中田、大谷に本塁打数抜かれたら4番降格直訴していた
選手推定年俸、チーム内のバランスを考えて少なく“公表” デーブ大久保氏明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加