ロシア、アレッポ空爆を停止 20日の停戦実現に向け

ロシア、アレッポ空爆を停止 20日の停戦実現に向け

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/20
No image

ロシア国防省は、内戦の続くシリア・アレッポへの空爆を停止したと発表しました。20日の停戦に向けた準備の一環だとしています。

ロシア、ショイグ国防相:「20日の『人道的停戦』実現のため、空爆停止が必要と判断した」
発表によりますと、ロシア軍とシリア政府軍は18日午前10時にアレッポへの空爆を停止したということです。ショイグ国防相は「アレッポからの一般市民の脱出や負傷者の搬出が可能になる」と主張しています。アレッポを巡っては、ロシア側が20日に8時間の停戦を実施する方針を発表しましたが、アメリカの国務省は「遅すぎるし、短すぎる」とコメントしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
否決なら首相辞任か 伊で憲法改正めぐる国民投票
【世界が震撼】謎の四つん這い男の正体判明!自分を「野生の虎」だと勘違いしていた!
誰もいないのにノックの音。中国の宇宙飛行士が宇宙空間での恐怖体験を告白
極右政党候補者が自信 オーストリア大統領選挙
イタリア・オーストリアで注目の投票進む

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加