スムーズに手に取りやすい!いろいろなアイテムを使ってバッグをきれいに収納しよう

スムーズに手に取りやすい!いろいろなアイテムを使ってバッグをきれいに収納しよう

  • folk
  • 更新日:2019/06/17

バッグは、お財布などを入れて持ち歩くのに必要なアイテムですよね。ショルダーバッグやクラッチバッグなど、さまざまなデザインのものがあるためたくさんあるという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、たくさん持っているバッグの収納アイデアについてまとめました。

バッグはすっきり片づけて型崩れを防ごう!

ハンガーレールをつけて

クローゼットのデッドスペースとなっている場所にIKEAのMULIGをつけると、収納スペースとして活用することができます。バッグの収納スペースとして使うことで、無駄がなくていいですね。

ドアフックハンガーを使って

バッグはさっと手に取り、スムーズに出かけたいものですよね。こちらのように、ドアフックハンガーを納戸の扉に引っかけると、バッグを見せる収納にすることができます。扉の中に毎回収納するよりも手に取りやすく、収納もあっという間にできていいですね。

スチール仕切りスタンドを使って

バッグを棚に収納しようとすると、倒れてしまうこともありますよね。そこで役立つのが、無印良品のスチール仕切りスタンドです。スチール仕切りスタンドを棚に置くと、きれいにバッグを並べて収納することができておすすめですよ。

ネクタイハンガーを使って

無印良品のネクタイハンガーを使い、バッグを吊るす収納にしているお家もあるんですよ。ネクタイハンガーを使って1つずつ吊るす収納にすると、出かけるときにバッグを選びやすくていですね。また、使用頻度が高いものやエコバッグ類などを分けて収納すると、目的に合わせて選びやすさがアップします。

つっぱり棒を使って

テーブル下のスペースは、つっぱり棒を使うことでバッグの収納スペースにすることもできるんですよ。バッグを隅に寄せておけば座るときも邪魔にならず、余ったスペースを上手に有効活用することができていいですね。

ジョイントラック用棚を使って

インテリアアイテムとしても人気が高いラダーハンガーですが、こちらのように収納アイテムとして使うのもおすすめです。たくさんかけても安定感があり、あまりスペースと取らないので玄関などに置いておいても邪魔にならないのが嬉しいところですね。

バッグハンガーを使って

No image

出典出典:https://www.bellemaison.jp/

バッグを収納するときに気になるのが、型崩れですよね。こちらのバッグハンガーを使うと、バッグを1つずつきれいに収納することができるため、型崩れを防ぐことができます。また、ドアに引っかけたり壁面に固定したりと、さまざまな場所で活用することができ、便利なんですよ。

まとめ

バッグの収納アイデアをご紹介しました。さまざまなアイテムを上手に使い、デッドスペースを有効活用したりバッグの型崩れを防いだりといろいろな収納法がありましたね。バッグの収納に困っている方は、今回の収納アイデアを参考にしてお家にあった収納法をみつけてください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
仕事で上手くいっても「苦労アピール」はしないこと!
「彼女がとてもおいしそうだったから」日本人留学生が女性の遺体を食べた“パリ人肉事件”とは何だったのか
満員電車で肘をぶつけてきた男性 「スマホ画面」が見え唖然とした...
コーヒーの飲み過ぎで起こる病気。過労が招く「副腎疲労」とは
山田優の“私服”に驚愕「ダサい...」「980円で売ってそう...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加