イギリス「リバプール」でビートルズの世界観を満喫

イギリス「リバプール」でビートルズの世界観を満喫

  • LINEトラベルjp
  • 更新日:2019/09/21
No image

イギリス「リバプール」でビートルズの世界観を満喫

「レット・イット・ビー」や「ヘイ・ジュード」など数多くの名曲を作り出した伝説のロックバンド「ビートルズ」は、イギリス北西部の「リバプール」で誕生しました。今回は、リバプールにあるビートルズゆかりの地を紹介します。ビートルズのファンはもちろん、ファンではない方も一度は訪れたいと思うほど魅了的なスポットがいっぱいですよ。

ビートルズの全てが凝縮された「ビートルズストーリー」

No image

写真:川元 彩香

リバプールのマージー川沿いにあるビートルズの博物館「ビートルズストーリー」では、ここだからこそ見学できるものがたくさん展示されています。ポール・マッカートニーにとって初めてのギター、ジョン・レノンの最後のピアノやビートルズが初来日した時に通訳者にプレゼントされたジョン・レノンの丸眼鏡なども見学できます。

また、ビートルズのゆかりの地も忠実に再現されています。ビートルズを有名にした新聞社・マージービート、ビートルズが売れる前に楽器を買っていたヘッセー楽器店、約300回演奏したキャバーンクラブ、ビートルズに人生の全てを捧げたマネージャー・ブライアンが店主をしていたレコード店・ネムズ、アビーロードスタジオ、名曲イマジンのMVを撮影した白い部屋やイエローサブマリンなどが再現されています。

入場料は、大人17ポンド、子供10ポンドです。

No image

写真:川元 彩香

ビートルズストーリーで入場料を支払うと、オーディオガイドが渡されます。日本語ガイドも選択できます。ビートルズが誕生するまでのストーリーやビートルズと関係者の秘話など内容は盛りだくさん。このオーディオガイドがあれば、ビートルズ についてあまり知らない方でも、見学後はビートルズについて詳しくなるほど充実した解説が含まれています。

ビートルズにとって大切な存在だったマネージャー・ブライアンとの初めての打ち合わせの日。オーディオガイドによると、ポール・マッカートニーは待ち合わせの16時に、45分も遅れたそうです。

ブライアンがメンバーに電話をさせると、ポールは今さっき起きて風呂に入っているところだと。その態度にブライアンは怒りましたが、ジョージ・ハリソンは「遅いかもしれないけど清潔ですよ!」と彼を落ち着かせたそうです。

No image

写真:川元 彩香

ビートルズストーリーの見学を一通り終えると、ビートルズのイラストがカラフルに描かれた"The Discovery Zone"と呼ばれる場所があります。

ここでは、ビートルズの世界観を体験することができます。フロアの上にある大きな鍵盤が印象的なジャイアントピアノでは、自分自身が動いて鍵盤を踏むことによって、ビートルズの名曲を演奏できます。また、ビートルズメンバーの顔やイエローサブマリーンの塗り絵用紙もあり、自分だけのオリジナルな1枚を作ることができます。

<ビートルズストーリーの基本情報>
住所:Britannia Vaults, Albert Dock, Liverpool L3 4AD
電話:+44-15-1709-1963
アクセス:リバプールライムストリート駅から徒歩25分

何でも揃っている!ビートルズお土産ショップ

No image

写真:川元 彩香

ポスター、Tシャツ、CD、DVD、本、文房具、ジョンレノンのトレードマークの丸眼鏡なども購入できます。また、ビートルズの初来日を記念するTシャツも販売されています。

No image

写真:川元 彩香

ビートルズストーリーの1階には「FAB4 Store」と呼ばれるお土産ショップがあります。その魅力は豊富な品揃えです。ここだからこそ買えるお土産が勢ぞろいです。

今にも動き出しそうなビートルズ4人の銅像

写真:川元 彩香

ビートルズの銅像は、スリーグレース(三美神)と呼ばれるほど美しい産業革命の繁栄を物語るロイヤルリバービルディング、リバプール港ビルディング、キューナービルディングの前に建てられています。2004年に世界遺産に登録されているほど素晴らしい景色をバックとともに、今にも歩き出しそうなくらい生き生きとした4人の銅像を写真に収めることができます。

ビートルズの銅像は、2015年12月、ビートルズが誕生したことで有名なキャバーンクラブが市に寄贈しました。ビートルズ最後のリバプール地元公演から50周年経った日を記念するためでした。

<ビートルズの銅像の基本情報>
住所:Pier Head, Liverpool L3 1BY
アクセス:リバプールライムストリート駅から徒歩20分

ビートルズが愛したクラブハウス「キャバーンクラブ」

No image

写真:川元 彩香

リバプールの中心地にあるマシューストリートには、ビートルズが約300回演奏したことでも有名なキャバーンクラブがあります。地下に続く階段をおりると、薄暗くて天井の低いライブハウスがあります。

No image

写真:川元 彩香

ビートルズは、世界的に有名になる前に、ここで毎晩のように演奏し続け、地元リバプールの人々を熱狂させてきました。世界に彼らの音楽を届けるために歌い続けたライブハウスでは、ビートルズの写真や人形なども展示されています。

No image

写真:川元 彩香

今現在も、キャバーンクラブでは、毎日リバプール出身のアーティストによるライブ演奏を楽しむことができます。クラブ内は、ライブ演奏を聞きに来るゲストで溢れるほどです。

今尚、ビートルズが演奏していた当時を思い出させるようなエネルギッシュなライブハウスです。

<キャバーンクラブの基本情報>
住所:10 Mathew St, Liverpool L2 6RE
電話:+44-15-1236-9091
アクセス:リバプールライムストリート駅から徒歩10分

ビートルズが誕生した「リバプール」で素敵な時間を

イギリス・ロンドンからリバプールまでは、電車で約2時間です。ジョン・レノン、リンゴ・スター、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリソンが生まれ育った街を歩くと、路上ミュージシャンによる生演奏が楽しめたり、パブからはライブミュージックが聞こえてきます。

そんな活気にあふれたリバプールで、素敵な時間をお過ごしください。

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

関連MEMO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
TOTO、今週末のライブをもって活動休止。スティーヴ・ルカサーは「この体制でのTOTOは終わりだ」とコメント
『バンドリ!』×「SCRAP」コラボ謎解きゲーム12月4日開催!カバー楽曲には「NARUTO 疾風伝」のOP「ブルーバード」が追加決定【生放送まとめ】
シナロケ初のカバーアルバム発売、シーナのラストレコーディング音源も
Jewel☆Neige、メジャー2nd SGタイトル&新ビジュアル解禁!
Da-iCE、ニューSG「BACK TO BACK」決定。初披露はフリーライブで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加