東京コミコン、絶対に行くべき“激アツブース”はココ! コスプレ美女も発見

東京コミコン、絶対に行くべき“激アツブース”はココ! コスプレ美女も発見

  • クランクイン!トレンド
  • 更新日:2019/11/25
No image

「ホットトイズブース」のフィギュア<画像をもっとみる>

世界最大級のポップカルチャーイベント「東京コミコン2019」が、11月22日(金)からスタートしました! 生憎の雨と寒さの中ですが、会場の熱気はムンムン。クランクイン!トレンドは、今回初日にお邪魔して、一部を体験してきました。行った際には是非足を運んでほしい激アツブースをご紹介します。

【写真】お腹チラ見せ!ハーレイ・クイン姿の美女

■長蛇の列!「スター・ウォーズ/マーベルブース」

12月20日(金)に『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、2020年5月1日(金)に『ブラック・ウィドウ』を控えるウォルト・ディズニー・ジャパンからは、「スター・ウォーズ/マーベルブース」が登場。

人混みでパニックが起こりそうなほど人気のこちらのブースでは、“世代を超えて人々をつなぐ物語”をテーマに、スター・ウォーズとマーベル、それぞれの作品の歴史や世界観を振り返ることができます。

なんと言っても目玉は、超特大絵巻ポスター付きの『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』東京コミコン限定ムビチケ。人気の商品な上、さらに、色んな人が行き交う場所ということもあり、想像以上の大混雑に。初日は残念ながら手に出来なかった人が続出するほどでした。

また、その隣では、『ブラック・ウィドウ』の限定6000枚のポスターの配布も実施。同じブースともあり、間違った列に並んでしまう人が見受けられるほどの人混みになるので、余裕をもった訪問が必至です。

TM&(C)Lucasfilm Ltd./(C)& TM Lucasfilm Ltd./(C)2019 MARVEL

■鉄の意志で財布を空に…

展示はもちろんのこと、限定のグッズも見逃せない! マーベル祭りの「ホットトイズブース」では、実物大マーベルキャラクターがお出迎えする中で、限定アイテムを購入することができます。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』より、6分の1スケールのスタン・リーとコスベイビーのスペシャルなセットや、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の女性大集結シーン再現コスベイビー、クリスマス仕様のヒーローなど数多く取り揃えています。

もちろん『スター・ウォーズ』や『ハリー・ポッター』など、来日ゲストに合わせたグッズも登場。

ほかにも、ヴィレッジヴァンガードブースでは、『ストレンジャー・シングス』や『ザ・ボーイズ』など人気の海外ドラマグッズを用意。会場には所狭しとグッズが並んでおり、我々の財布は空になること間違いなしです。

■美女も発見!写真映えするならココがオススメ

せっかくはるばる来たのだから、素敵な写真を残してみるのはどうでしょう? フォトスポットが充実しているのが「ワーナー ブラザース ジャパンブース」。ここでは、DC映画のワンダーウーマンとハーレイ・クイン姿に身を包んだ美女が出迎えてくれます。

それだけでなく、『ゲーム・オブ・スローンズ』の玉座や『フレンズ』のカウチなど、海外ドラマの“名椅子”に座れる機会も。

極めつけは、ワーナーホラー部代表アナベルちゃんとペニーワイズくんに挟まれるフォトスポット。囲まれたくない2人と一緒に、気まずい写真を撮るのも思い出になりそうです。

また、「ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントブース」では、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』と『ヴェノム』の世界に入れるフォトブースを用意。グリーンバックで撮影し、シーンに合成するのですが、これがかなりのクオリティ。さらに、トム・ホランド好きには堪らないドキドキする写真も撮ることが可能です!

そのほかにも、斧まで貸してくれる『シャイニング』の例のドアや、『IT/イット』、『バットマン』、『ゲーム・オブ・スローンズ』のネイルができるブースなど、写真映えバツグンなスポットがたくさん。

本物のセレブに涙し、お目当てのグッズのために散財し、思い出のフォトをフォルダーに蓄積させる。こんな幸せな瞬間がほかにあるでしょうか…! とはいえ、この3日間は、寒さや雨が続きますので、ぜひとも防寒など対策などしながら、楽しんでください!

【「東京コミコン 2019」概要】
日程:11月22日(金)~11月24日(日)
場所:幕張メッセ 9・10・11 ホール

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リアーナのドキュメンタリーがアマゾンで配信へ
貧困、病気、格差、差別...骨太の社会派ミステリーで読む「現代の闇」
丸山隆平がドラマWで初主演、『超高速!参勤交代』コンビが描くダメ男のロードムービー
12月14日の注目映画第1位は『シン・ウルトラマン』
ライアン・レイノルズ、デッドプールやピカチュウに続くハマり役!?映画『6アンダーグラウンド』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加