Alphabet社のプロジェクト「Loon」、プエルトリコにて10万人にネットを供給

Alphabet社のプロジェクト「Loon」、プエルトリコにて10万人にネットを供給

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2017/11/14
No image

Image:ilitephoto/Flickr

災害時の大きな助けになりそう。

Googleの親会社であるAlphabetが運営するプロジェクト「Loon」が、プエルトリコにて、約10万人にインターネットを供給しました。

これは、ハリケーン「マリア」で甚大な被害がでたプエルトリコへの支援の一環。連邦通信委員会より緊急時ライセンスを取得、観測気球を利用して被害地域にネットを供給しました。プロジェクトにはAT&TやT-Mobileが協力しています。

No image

Image:Medium

LoonのプロジェクトリーダーAlastair Westgarth氏は、米Gizmodoの取材に対し「災害時は、愛する人や救急隊との連絡、緊急情報取得など、コミュニケーションをとれるということが大きな鍵となる」と語りました。

ネタ元のMediumブログにて、Westgarth氏は、Loonはまだ実験的な段階にあること、どう使うべきか明確にはなっていないとも述べていますが、今回プエルトリコにてネットを供給できたことは、プロジェクトとしての大きな成功であり、今後の指針となるでしょう。

Image:Flickr,Medium
Source:Medium
Jennings Brown - Gizmodo US[原文
(そうこ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“事故の瞬間”大通りで...バイクにはねられ女性重傷
「おまえ出てるぞ」ニヤニヤピンクの強制わいせつ犯 画像公開直後に出頭
白バイに止められて「最悪」と思ったら単にマフラー音を聴きたいだけだった! 「こういう人好き」「寿命が縮まる」
イオンの「ブラックフライデー」再び! 4日間のセールを見逃すな
「パンチラ撮らせて!」真っ昼間から女子生徒にムチャぶり 品川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加