瀬戸口が劇弾!千葉 昨年の“リベンジ”なでしこリーグ杯初V

瀬戸口が劇弾!千葉 昨年の“リベンジ”なでしこリーグ杯初V

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

◇なでしこリーグ杯決勝 千葉1―0浦和(2017年8月12日 味フィ西)

No image

<浦和・千葉>なでしこリーグ杯を制し大喜びの千葉イレブン

25歳のヒロインがクラブに初タイトルをもたらした。千葉が1―0で浦和を下し、大会初優勝を果たした。試合終了間際にMF瀬戸口梢(25)が劇的な決勝ゴール。昨年は決勝で日テレに0―4と大敗したが、2年連続の決勝の舞台でリベンジを果たした。

豪快な一撃が試合を決めた。後半アディショナルタイム。瀬戸口はゴール左手前約15メートルの位置でボールを受けると、「ここで打たなかったら悔いが残るなと思い、思い切って打った」と左足を振り抜いた。強烈なシュートが相手GKの頭上を越えてゴール右上に突き刺さると、瀬戸口を中心に歓喜の輪が広がった。クラブに初タイトルをもたらした25歳は「強い気持ちで戦えた」と胸を張った。

週に3日はスポンサー企業で事務の仕事を行い、夕方から練習に参加している。「力仕事をするチームメートもいる。昼から練習できるチームとは違うが、これが負けない強さにつながっている」という。次週からはリーグ戦が再開。6位からの浮上を目指し、「地に足を着けて、リーグ戦でも上を目指したい」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
仙台は逆転2連勝「仙台育英の魂が乗り移りました」
【J1採点&寸評】浦和 2-1 FC東京|圧巻2ゴールの興梠がMOM! 逆にFC東京攻撃陣は...
G大阪8位転落...長谷川監督「諦めた瞬間に終わり」
[UAチャレンジカップ]“スタメン全員3年生”の浦和東が2年ぶり優勝!延岡学園にリベンジ
C大阪杉本「俺自身出し切った」代表入りへ7戦8発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加