『AKIRA』など手がける上杉季明のデザインワーク展 大友克洋、渡辺信一郎も登壇!

『AKIRA』など手がける上杉季明のデザインワーク展 大友克洋、渡辺信一郎も登壇!

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2017/09/27

グラフィックデザイナーとして活動する上杉季明さんが2017年9月23日(土)から10月1日(日)にかけて、渋谷・GALLERY X BY PARCOにて「マッハ55号がデザインするアニメ・音楽・書籍の世界20年展 “THE MACH55GO WORKS 55x20” ~大友克洋から『COWBOYBEBOP』『機動戦士ガンダム サンダーボルト』まで~」を開催している。

マッハ55号、設立20周年!

上杉季明さんは、『AKIRA』や『カウボーイビバップ』、『機動戦士ガンダム サンダーボルト』などのパッケージデザインや、石野卓球さんや東京スカパラダイスオーケストラなどのCDジャケットのデザインも手掛けるグラフィックデザイナー。

No image

『AKIRA』

1994年に矢部弘幸さん、小西忠明さんらと結成したグラフィックチーム・マッハ55号(Mach55Go!)のメンバーとして活躍していることでも知られる。

本展では、そのマッハ55号の設立20周年を記念して、上杉さんのデザインワークを一挙に大公開。

大友克洋さん作の『MEMORIES』『COWBOY BEBOP』『機動戦士ガンダム サンダーボルト』など、誰もが目にしていたことがある数々のグラフィックデザインが展示される。

No image

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』

デザインが完成するまでの過程も見れるなど、アニメファンやデザインファンに限らず幅広い人が楽しめる内容となっている。

さらに、スペシャルイベントとして、9月26日から30日にかけて、『AKIRA』作者の大友克洋さんや『カウボーイビバップ』の監督をつとめた渡辺信一郎さん、画家のSHOHEIさん、コラージュアーティストの河村康輔さんを招いたトークショーとサイン会も開催予定。

なお会場では、10月に刊行されるマッハ55号が手掛けた作品集「THE MACH55GO WORKS 55x20」の先行販売に加え、関連グッズや書籍も販売される。

展示される作品をもっとみる!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アニメカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アニメ「学園ベビーシッターズ」キービジュ&PV解禁!種崎敦美や小野大輔らも出演
神谷浩史ら出演「SOUND THEATRE×夏目友人帳」新作のメインビジュアルが解禁
吉田秋生『BANANA FISH』がアニメ化、2018年にノイタミナで放送 制作はMAPPA
2018年は弓道男子が熱い?!NHK総合で京アニ「ツルネ」1月から放送スタート予定
「キリングバイツ」テレビアニメ化で2018年1月放送開始!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加