日立製作所、重電企業から巨大IT企業へ変貌...“ルマーダ最重視”経営で容赦なきグループ解体

日立製作所、重電企業から巨大IT企業へ変貌...“ルマーダ最重視”経営で容赦なきグループ解体

  • Business Journal
  • 更新日:2019/08/25

「Wikipedia」より
 日立製作所は、親子上場の解消に向けて動き出している。親子上場は日本特有の資本政策だ。以前から批判的だった海外勢に加え、国内の機関投資家も「少数株主の利益にかなう統治構造なのか」と、厳しい目を向け始めた。親子上場銘柄に投資しない海外の投資家も増えている。親子上場が、株価が上がらない一因ともなっている。企業集団にとっては、親子上場の解消が大きな経営課題として浮上してきた。

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加