元AI研究者・上祐史浩が警鐘「人工知能を恐れる理由は“罪の意識”」「北朝鮮危機と軍産複合体」 現代社会と国際情勢を一喝(独占インタビュー)

元AI研究者・上祐史浩が警鐘「人工知能を恐れる理由は“罪の意識”」「北朝鮮危機と軍産複合体」 現代社会と国際情勢を一喝(独占インタビュー)

  • TOCANA
  • 更新日:2017/11/13
No image
No image

画像は、「上祐史浩 オフィシャルサイト」より引用

あの地下鉄サリン事件から22年――。菊地直子に高橋克也と、かつてオウム真理教に所属しながら最後まで逃走を続けていた元幹部が次々と逮捕され、「教祖・麻原彰晃こと松本智津夫の死刑も年内に執行されるのでは?」という噂がある。

そこで筆者・深月ユリアは、オウムとは何だったのか改めて実態を明らかにし、今後の日本はどうあるべきか探るため、かねてより親交のある上祐史浩氏にインタビューを敢行した。過去にはオウム真理教の外報部長として教団のスポークスマン的役割を果たし、現在は仏教哲学サークル「ひかりの輪」代表として精力的に活動する上祐氏。

インタビュー中編では、波瀾万丈な半生を歩み“社会の裏側”を知り尽くした彼に、時事ニュースを分析してもらう。人工知能がもたらす変革、緊迫する朝鮮半島情勢、長引く「イスラム国(IS)」との闘い、そして揺れ動く安倍政権――。かつて、世紀末の日本そして世界を騒然とさせた事件の渦中にあった人物は、いま何を想い、どのような未来を見ているのか? すべてを真っ向から語ってもらった!

インタビュー前編はコチラ!

■堕落した僧侶は、人工知能にも劣る

――上祐さんは早稲田大学理工学部で人工知能について研究をされていらっしゃいましたが、昨今の目覚ましい発達について、どのようなご見解をお持ちですか? 今後20年以内に半分の職業がなくなるという話もあるようです。もう、お経を読むお坊さんロボット(Pepper)まで登場しています。

上祐史浩氏(以下、上祐)  全体としては、ご指摘のように急激な変化は起こらないと思います。変化はもっとゆっくりで、人工知能に譲れる分野は譲って、人間はより高度な活動へと移行し、適応していく可能性が高いと思います。

No image

上祐史浩氏(撮影:編集部)

というのも実は、現在は4度目の人工知能ブームともいわれています。ブームとは、バブルという意味です。マスコミはかなり煽って報道していますが、初めてブームが起きた1980年代にも同じような傾向がありました。もし、当時いわれていた話が実現していたら、今ごろはもう「鉄腕アトム」が完成しています。小保方さんのSTAP細胞のように、科学者とマスコミが一緒になって大袈裟に報道している面があると思います。

この背景には、他にも大きな科学プロジェクトがある中で、人工知能に関してどれだけ研究予算を充てるのか、という予算獲得競争の問題があると思います。予算獲得のために、科学者は大袈裟な見通しを示し、そこにマスコミが乗っかる構図がある。特に、日本の人工知能研究は他国より遅れているという危機感もありますからね。

そして、ここが肝心な点なのですが、知識で人工知能が人間を凌駕しても、「心」や「智慧」という面は、人工知能に代替できないでしょう。お坊さんロボットについては、私見ですが、堕落したお坊さんが人工知能と競争してレベルアップするのであれば、それはよい機会ではないでしょうか。普段はほとんど修行もせず、お葬式の時にお経をあげる程度のお坊さんならば、人工知能の方がよいと思われても仕方ないと思います。

上祐史浩氏(撮影:編集部)

■人工知能を恐怖する理由は“罪の意識”

――スティーブン・ホーキング博士や起業家イーロン・マスクは、人工知能がいずれ人類に反乱を起こし、映画『ターミネーター』のような事態に陥ることを危惧しているようですが、その可能性はありますか?

上祐  人工知能に対して、欧米と日本では見方が異なりますね。日本では「鉄腕アトム」や「ドラえもん」のようなアニメが有名ですから、人間に友好的な人工知能のイメージが定着しています。それが欧米では、人工知能の反乱をテーマにした『ターミネーター』などの作品が有名です。これはなぜか? もしかすると、世界各地を植民地侵略し、多くの生き物・民族を排除してきた欧米の文明は、人工知能が自分たちの「鏡」として、同様の事を自分たちに行うようになる――つまり、人工知能から見て「人間は要らない、存在自体が害悪だ」と判断されるのでは、という不安の現れなのかもしれません。人は、他者を自分の人格を通して判断しますから。

近いうちに人類と人工知能との間で戦争が起きる可能性は少ないと思いますが、いずれは、映画『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』に登場するようなロボット兵士が開発されるかもしれません。特に人類の歴史から見ても、残念ながら科学の研究は、軍事的な理由で急速に進む面がありますよね。

例えば、アメリカは長年対テロ戦争を行っていますが、未だ勝利を手にしていない状況ですから、人間の兵士を犠牲にせず、ロボット兵士を作って投入したいという欲求は強まるかもしれません。現在、すでに無人偵察機などは使われ始めています。しかし問題は、自分たちが作ったロボット兵士が、イスラム過激派を攻撃するのではなく自分たちを攻撃しないか、ということになりますね。

■緊迫する北朝鮮情勢の真相、アメリカの思惑

――現在の北朝鮮情勢について、戦争は起きると思いますか?

No image

上祐史浩氏(撮影:編集部)

上祐  普通に考えれば、アメリカも北朝鮮も、損得をわきまえて動いていると思います。アメリカは、日本や韓国に自国の兵器を大量に売りつけることができますし、もうその動きがあります。かたや北朝鮮は、核兵器こそが、イラクなどさまざまな政権を倒してきたアメリカから自らの体制を守るための保証と考える点で、超リアリストであるようにも見えます。ですからその意味で、現時点で全面戦争の可能性は高くないと思います。

ところが戦争とは、合理的に考えると起きないはずの時に起きてしまうことも、また人間の歴史の事実ですよね。ヨーロッパにおける第二次世界大戦の勃発も、当初は「まさか?」という大変な驚きをもって受け止められました。大日本帝国も、石油を断たれた後に、到底勝てないと思われたアメリカとの戦争に精神主義で突っ込んでいった。もしも北朝鮮が、同じように石油を絶たれるなどした場合、どうなるのか。だから、可能性がまったく無いとは言えませんよね。

そして長期的には、核ミサイルを本当の意味で無力化できるものとして、超遠距離のレーザー兵器の開発需要が増すのではないかと思います。今のミサイル防衛網では、全部は撃ち落とせないでしょうから。

■日本の政治、金と利権について

No image

上祐史浩氏(撮影:編集部)

――たしかに今の日本は、北朝鮮の脅威に乗じてアメリカに言われるがまま、さまざまな兵器を買わされてしまいそうです。過去の例も然り、アメリカの言いなりになっている安倍政権については、いかがお考えですか?

上祐  安倍さんに限った話ではありませんが、日本では親米保守政権が人気を得て長続きし、親中政権が短命だという傾向が見られますよね。親米とは、反中・反北朝鮮ということですね。親米保守が長続き“させられている”のかはわかりませんが、中曽根・小泉・安倍政権は長期政権となり、一時期政権交代を果たした民主党政権は短命に終わりましたね。そして自民党政権でも、親中派の田中角栄はロッキード事件で失脚しました。これについて、アメリカのユダヤ勢力の怒りを買ったから、という陰謀論は有名ですね。もちろん、その反論もあるようですが。

ともかく、結局のところユダヤ人やフリーメイソンがどうこうではなく、日本が、米国と中国のどちらと、金と利権でより強くつながっているか、という問題だと思います。今のところ米国なのでしょう。

人工知能に対する上祐氏の驚くほど冷静な視点、さらに現在の政治と国際情勢の真相を見極める彗眼には感服するしかない。続くインタビュー後編では、ついに上祐氏の口から今年7月に強行採決された「共謀罪」に対する本音、さらに「魂」「死後の世界」にまつわる超・衝撃体験まで語られる!
(取材・文=深月ユリア)

インタビュー後編はコチラ!(14日16時 配信予定)

上祐史浩
1962年、福岡県に生まれる。早大大学院理工学研究科修士課程を修了後、宇宙航空研究開発機構に入団するも、まもなく退職し、オウム真理教に出家。地下鉄サリン事件発生時にはモスクワに滞在、事件後に帰国し、教団のスポークスマンとなる。偽証罪で逮捕され、出所後「アレフ」代表となるが、麻原・オウム信仰から脱却し、2007年に脱会、現在は「ひかりの輪」(東西の思想哲学の学習教室)の代表。

★イベント情報★
『上祐史浩と観る宗教映像ナイト2017~年末特大号~』

創価学会にオウム真理教にSEX教団!
めくるめく宗教映像が大集合という宗教映像ナイト!
もちろん当日は大手教団だけではなく、エッジーでキャッチーな新興宗教映像も時間の許す限りバンバンご紹介!
公式動画、オフィシャル広報動画だけでなく、現地潜入映像も!
前回大好評だった、「ひかりの輪」代表の上祐史浩氏をゲストにお迎えしてのスペシャルな夜!
様々な宗教映像を上祐さんと楽しむまたとない機会をお見逃しないようご注意下さい!
他では見ることの出来ないマル秘映像コレクション、是非この機会にご堪能あれ!!
キミも歴史の生き証人となれ!!

【出演】
ニポポ(exトンガリキッズ)

【ゲスト】
上祐史浩(ひかりの輪代表/元オウム真理教信者)

【日時】
2018年1月8日 OPEN 18:30 / START 19:30

【場所】
Loft PlusOne West(ロフト プラスワン ウエスト)
大阪府大阪市中央区宗右衛門町2-3 美松ビル3F
TEL:06-6211-5592
最寄駅:日本橋駅、なんば駅

【チケット】
前売り ¥2,000 / 当日 ¥2,500 ※要1オーダー(500円以上)

※詳細はコチラ
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/76919

深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。最新刊『あなたも霊視ができる本』(文芸社)大好評発売中!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ハイスクールD×D」スタッフ一新で4度目アニメ化!2018年放送決定
『アウトレイジ』に親子連れ多数!ジャ・ジャンクー創設の映画祭、会場作る本気ぶり(中国)
なぜ黒人男性はドラゴンボールが好きなのか?
満島ひかり、元夫石井裕也監督と“共演”...壇上で顔を並べる、今カレの映像も
乃木坂46 能條愛未、マクドナルド映画『ファウンダー』を語る!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加