【サラリーマン相談室】上司も部下も女性ばかりで悩んでます。

【サラリーマン相談室】上司も部下も女性ばかりで悩んでます。

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/12
No image

−−営繕係休憩室。それは、あなたの会社の中にある秘密の扉。会社の中で、あなた以外は誰も知らない秘密の部屋。悩んだら、いつでもおいで。悩みがなくても、遊びにおいで。さぁ、今日もひとりのサラリーマンがその扉のノブに、そっと手を伸ばしたようです。

【今週のサラリーマン相談】

上司も部下も女性ばかりで、男性は私だけ。毎朝の「今日のご機嫌チェック」がルーティンになりました。なんだか論理よりも共感が大切みたいで、理詰めで説明しても「わかるけどなんか納得できない」と怒って去られたこともしばしば。毎日がつらいです(泣)
サラリーマン井口(入社5年目、28歳、IT系エンジニア、名古屋市)

No image

サラリーマン井口(以下、井口)「失礼しまーす」

営繕のみつさん(以下、みつさん)「ほんと、そうだよ」

井口「え? 何がですか?」

みつさん「いや、君が言った『失礼しまーす』って言葉。ほんと失礼なやつだよね、君って」

井口「え? いきなりなんだか嫌な感じなんですけど、ここって会社のオアシスなんじゃないんですか? 女性社員たちにいびられて、救助を求めてやって来たここで、さらなる追い打ちに遭うとは厄日だ」

みつさん「いやだって、君の悩みって『女性に囲まれて大変です』って悩みでしょ? そのイヤミ、男子校の講演会で言えるの?」

井口「いや、別にイヤミじゃないですよ。何より僕はただのサラリーマンです。なんで男子校で講演会することになってるんですか」

みつさん「いや、『もしも』の話だよ。もしも、君の母校であるサキガケ男塾高校から、進路に悩む後輩たちに何か講演してくださいって依頼が来たとするよ? はい、壇上にあがりました。見渡す限り、イカツイ野郎ばかりです。その状況でマイクをONにして、『女性だらけの職場で毎日地獄です』って言える??」

井口「いや、言えないでしょそりゃ。高校名からして、舞台に木刀とか飛んできそうじゃないですか(笑)」

みつさん「ほぉ~。言えない、と。じゃあ、君はウソをついているんだね? 本当は、『女性に囲まれた職場』に悩んでいないってことでいいね?」

井口「いや、悩んでますよ。今は悩んでる。悩んではいるんだけど、さすがに男子校の後輩たちには話す内容じゃないってだけです」

みつさん「おかしいって! それ!! 本当に悩んでいる人だったら、四六時中どこでもその『悩み』で苦しんでるはずだ。例えば右の奥歯が歯槽膿漏になってる人が、「男子校の壇上でだけは、なぜか痛みが止まります」なんてあり得る?? ないでしょ?

『悩み』は時も場所も選ばすに、常にその人を苦しめ続けるはずなのに、君の悩みは男子校では、やむんだぞ?

時と場合によって痛み出す悩みなんて、本当に『悩み』と呼べるのかね?」

井口「まぁ、そう言われたら、大した悩みじゃないかもしれませんね……。まさか、歯槽膿漏に負けるとは思ってもみませんでしたけど。じゃあ結局、贅沢だから悩むなってことですか?」

みつさん「悩むな、だなんて言っていない。そしてそれは無理だろう。悩むまいと思えば思うほど、脳はソレを問題だと認識するから。

君の場合は、TPOメソッドが有効だと思ったから、男子校の話をしたんだよ」

井口「なんすか、TPOメソッドって? 時と場合を選べよみたいな? マナー研修で習ったやつですか?」

みつさん「簡単に言うと『その悩みは永遠じゃないよ』と認識を変更する作業だ。

人間は悩んでいる時、目の前の『現実』が永遠に続くと思い込んでしまう。ところが、去年の悩みを思い出せる人なんてほとんどいないことからわかるとおり、実はすべての悩みは一瞬で去っていく。

そこに、気づくだけなんだよ。時間だけじゃない。場所もそうだ。その悩みは、男子校という場所では、君を悩ませなかった。ということは、その『悩み』は永遠でもないし、場所によっても変わるから普遍的なモノでもない」

井口「あぁ、確かに。その視点はなかったなぁ。この状況が永遠に続くものだと思い込んでいました。そして、どこに行っても続くと。でも、よく考えたらサラリーマンだから、異動もありますしね」

みつさん「ほら。そうやって『この悩みは永遠じゃない』と認識を変えただけで、人間は広い視野を取り戻すんだよ。

広い視野は、新しいアイデアと心の平安を連れてきてくれる。何より、目の前の「悩み」さえも、もはや楽しめるようになるんだ。だって、すぐに過ぎ去るんだからね。

さぁ、悩みなんてTPO(時と場所と機会を選んで訪れる、永遠じゃないモノ)だと気づけたなら、目の前の職場をもう一度眺めてみようか。

さっきの男子校の生徒だったら、そのパラダイスな日々をどうやって楽しむんだろうか?」

井口「おぉ、なんだか楽しくなってきました。彼女たちとも一期一会。今はこの環境そのものを、楽しむようにします」

みつさん「そうしたほうがいいよ。男子校の後輩たちに、夜道で襲われないためにもね(笑)」

【今週のみつさんの智慧】

去年の悩みを覚えている人なんてほとんどいない。ということは、目の前の苦難な状況もすぐに過ぎ去るということ。時は変えられる、場所も変えられる、機会も変えられる。悩みなんて永遠じゃないTPOだ。その認識を取り戻すために、まずは「この状況は永遠には続かない」と何度か自分自身につぶやいてみよう。

さとうみつろう●大学卒業後、エネルギー系の企業に入社。2011年、ブログ『笑えるスピリチュアル』を開始。様々なブログランキングで1位に。14年に会社を辞め、全国各地でトークショー&ピアノライブを開催。現在は那覇市在住。http://ameblo.jp/mitsulow/

※この連載は実際のDIME読者からの相談で構成しています。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「最初にコーヒーが飲めるのは誰?」ツイッターで流行っていたコーヒーのクイズ
「キラキラネーム」が原因でいじめられた女性 「親を恨みます」に同情の声も
習慣を変えれば会議が変わる。会議が変われば会社が変わる?
暴力事件、理事長選、そしてファッション......貴乃花親方の深い闇
【衝撃】リモコンにアルカリ電池を入れてはいけない本当の理由をマンガで解説! 愚か者が陥りがちな“乾電池の落とし穴”とは!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加