正月の「一富士、二鷹、三茄子」。その後続く四、五、六をご存じか?

正月の「一富士、二鷹、三茄子」。その後続く四、五、六をご存じか?

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/11/23

由来は諸説あるが…
「一富士、二鷹、三茄子」
これは、江戸時代に生まれたことわざで、初夢に見ると縁起が良いものの順番とされている。
なぜ、この三つなのか。由来については諸説あるが、有力なのが「徳川将軍家に縁の深い駿河の国(現在の静岡県)と結びつけた」という説だ。
慶長10年(1605年)、徳川家康は将軍職を息子の秀忠に譲り、隠居先をゆかりの地である駿河に決めた。

久しぶりに戻ったとき、家康が驚

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加