最新ランキングをチェックしよう
2椀1セットの「夫婦善哉」、その起源は商人の町・大阪らしいものだった!

2椀1セットの「夫婦善哉」、その起源は商人の町・大阪らしいものだった!

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/08/13

夫婦やカップルで食べると円満になれると言われる「夫婦善哉(めおとぜんざい)」は、大阪で130年以上愛されている縁起物である。事の始まりは明治16(1883)年。法善寺境内に開店した善哉屋「お福」で、一人前なのに二杯のお椀に分けてつがれた善哉が提供されていたというのだ。

○人気を受けて小説のキーアイテムにも

なぜ、2つのお椀に分けて提供しているのかと客が質問したところ、店主である木文字(きもんじ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ニューヨークで「ステーキがもっと美味しくなる食べ方」を教えてもらった / ピータールーガーステーキハウス
伝説の牛丼屋サンボ / 何があったのか不明だが「牛丼が激しく美味しくなった」と話題
【TDR】マレフィセントがデザートになった...ハロウィーン最高級ディナーに舌鼓
紫イモソースが不気味!エッグスンシングスに「トリックブラッドパンケーキ」--怪しげなバーガーも
牛丼、カツ丼...1000円以内で山盛り食べられる!「丼ものチェーン店」満足度ランキング

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加