大気汚染深刻化のインド首都、車両規制を断念 例外認められず

大気汚染深刻化のインド首都、車両規制を断念 例外認められず

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/11/12
No image

インドの首都ニューデリーで、厚いスモッグの中を歩く子どもたち(2017年11月9日撮影)。

【AFP=時事】大気汚染が深刻なインドの首都ニューデリーの当局は、環境裁判所が女性や要人、バイクの使用者に汚染対策のための車両規制を免除することは認めないとする判断を下したことを受けて、自家用車の使用を規制する計画を断念した。

デリー首都圏は1週間近くにわたって有害な微小粒子状物質を含むスモッグに覆わており、当局はこの問題に対処すべく多くの対応策を打ち出している。

インド医師会が公衆衛生上の緊急事態と警告した状況を受け、デリー首都圏政府は9日、大気環境の改善を期待しニューデリーで13日から5日間にわたって車両規制を実施すると発表していた。

しかし環境裁判所が緊急車両と圧縮天然ガス(CNG)車、ニューデリーのほとんどの公共交通機関を除いて例外を認めないとの判断を下したことを受け、ニューデリー当局は車両規制計画を断念すると発表した。

ニューデリー交通当局のカイラシュ・ガーロット氏は記者会見で「今は(車両規制)計画を断念する」と述べ、裁判所にはバイク使用者と女性が例外として認められなければ車両規制の実施が困難になるため、これを認めるよう再考を求めていると補足した。

同氏は2つの例外をつくる理由として、公共交通機関への必要以上の負担に対応するのが難しくなるとした上で、最大の争点は「女性の安全」だと述べた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
一般病院の2割で患者の自殺が発生! その大半は「闘病苦のがん患者」......
シリア軍攻撃で子どもら19人死亡 首都近郊の反体制派地区
ジンバブエ大統領、 政変後初めて姿見せる 大学卒業式に出席
地下鉄でプリントを握りしめたまま眠る中学生を気遣う乗客たち―北京市
  • このエントリーをはてなブックマークに追加