千葉・酒々井の弟殺害 姉「殺意なかった」起訴内容を一部否認

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/02/14

平成28年、千葉県酒々井町上本佐倉の自宅で同居していた竹内諒さん=当時(21)=を殺害し、遺体を切断したなどとして、殺人や死体損壊・遺棄などの罪に問われた姉の愛美被告(26)に対する裁判員裁判の初公判が13日、千葉地裁(高木順子裁判長)で開かれた。愛美被告は起訴内容について、「殺意はなかった」と主張し、一部を否認した。弁護側も死体損壊・遺棄罪などについては争わない方針を示したが、殺人罪については「正当防衛」として、無罪を主張した。

検察側は冒頭陳述で、2人の間にトラブルがあったことや、愛美被告が不意をついて刃物で刺しており、「正当防衛は成立せず、殺意はあった」と主張。これに対して弁護側は、「諒さんが包丁を持って迫ってきたので、身を守るため床にあった包丁を向けたら刺さった」などと主張した。

起訴状などによると、愛美被告は同年8月ごろ、諒さんを自宅で刃物で殺害。包丁などで遺体を切断し、一部を自宅の冷蔵庫に隠すなどしたとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
今日の傘マップ お出かけに傘が必要なエリアは
女性客「酔い潰し」を自慢気に報告... 磯丸水産、「不適切」投稿のバイト店員を処分
奈良公園で「シカに噛まれた!」 中国人観光客からの訴えが多い理由
武装工作員を制圧せよ! 陸自と茨城県警が治安出動訓練
  • このエントリーをはてなブックマークに追加