推進系統のデータ再確認 打ち上げは17日以降に延期

推進系統のデータ再確認 打ち上げは17日以降に延期

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/13
No image

動画を見る(元記事へ)

鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられる予定だったH2Aロケット35号機は、推進系統のデータで再確認が必要となり、12日の打ち上げは中止となりました。

打ち上げを担当する三菱重工業によりますと、午後1時40分に打ち上げられる予定だったH2Aロケット35号機は、推進系統の点検のため午後0時22分にカウントダウンを一時、中断しました。その後、この推進系統の一部のデータで再確認が必要となったため、12日の打ち上げは取りやめとなりました。新たな打ち上げは、今月17日以降の見込みです。打ち上げられる予定の「みちびき」の3号機は、「日本版GPS」として来年度からの運用を目指しています。位置情報の誤差を改善し、車の自動運転や災害時の情報伝達などに役立てる計画です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岐阜・瑞浪市の中央道で土砂崩れ 10人以上けが
警察官の男性がはねられ死亡 事故後に高速を横断か
【報ステ】介護施設の入所者...相次ぎ死亡・けが
ビル30階建て相当のすごい船「ちきゅう」が一般公開!見学者9000人を募集中
厚労省「ブラック企業リスト」401社に HISや水道局も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加