独2部移籍の関根貴大。浦和に残す移籍金は1億円弱か

独2部移籍の関根貴大。浦和に残す移籍金は1億円弱か

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/08/10
No image

関根貴大【写真:Getty Images for DAZN】

ドイツ・ブンデスリーガ2部のインゴルシュタット加入が決定的になっているMF関根貴大は、浦和レッズに70万ユーロ(約9000万円)の移籍金を残すようだ。独メディア『リーガ・ツヴァイ』が伝えている。

浦和は6日、関根のインゴルシュタット移籍が合意に達したことを発表した。同選手は10日にドイツへ向かっている。

完全移籍となる関根。両クラブは条件面について公にしていないが、同メディアによると70万ユーロ程度とのことだ。

ブンデスリーガ2部はすでに開幕しており、インゴルシュタットは2連敗スタート。新戦力に対する期待は大きくなっている様子だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コスタの獲得 絶対条件は謝罪
「アツトに心からの感謝を」内田篤人、7年過ごしたシャルケに別れ
中村俊輔が振り返る自身の転機――ドイツW杯で突き付けられた力不足、そしてセルティックとの幸福な関係
シャルケ内田、独2部ウニオン・ベルリンへ電撃移籍 1年契約、背番号は「2」に決定
大阪桐蔭との試合で1塁手の足を蹴っていた!? 仙台育英の選手の走塁がネットで議論・炎上中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加