元Gマイコラス、MLB復帰2年目は「冴えないシーズン」 地元紙が“辛口査定”

元Gマイコラス、MLB復帰2年目は「冴えないシーズン」 地元紙が“辛口査定”

  • フルカウント
  • 更新日:2019/11/10
No image

カージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:Getty Images】

復帰1年目の昨季は18勝も…大型契約を結んだ2年目は「大きく後退」

2017年まで巨人でプレーしたカージナルスのマイルズ・マイコラス投手の今季について、地元メディアは「冴えないレギュラーシーズン」と厳しい評価を下している。メジャー復帰1年目の昨季はナ・リーグ最多勝に輝いた右腕だが、開幕前に大型契約を結んで臨んだ2年目は32試合登板で9勝14敗、防御率4.16と成績を落とした。

地元紙「セントルイス・ポスト・ディスパッチ」は、各選手の今シーズンのパフォーマンスを評価する特集を掲載。マイコラスは「C-」の評価を受けている。全選手で最低はグレガーソンの「F」。マイコラスは平均以下という厳しい“査定”だ。

寸評では「4年総額6800万ドル(約74億3000万円)の契約延長を冴えないレギュラーシーズンで祝福することとなった」とバッサリ。さらに「マイコラスは9勝14敗、防御率4.16、27被本塁打とし、2018年の成績(18勝4敗、防御率2.83)から大きく後退した。今季敵地で苦戦し、17先発登板で4勝8敗、防御率5.40とした」と、敵地での成績を嘆いている。

一方で「しかし、マイコラスは9月に調子を上げ、5先発登板で1勝1敗、防御率3.34とした。そして、プレーオフでは2先発登板含む3試合の登板で1勝1敗、防御率1.50とした」とレギュラーシーズン終盤からポストシーズンにかけて好投したことも紹介。ただ、シーズンを通しての評価となると、昨季から成績を落としたことが響いたようだ。

来季も名門球団のエースとしての働きが期待されるマイコラス。今季を上回る成績を残したいところだ。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「半世紀ぶりやんか」観戦・山口氏、大喜び/神宮大会
学校へ行きたくない娘に、旦那が伝えた「期待しない友達づきあい」
「獲物を追う動物」プレミア12で世界を驚かせた周東佑京の走塁術
阪神新助っ人はメジャー92発・ボア最有力、右の強打者・ロドリゲスも調査
巨人からポスティングの山口は6球団が候補に 米メディア「日本の最高の投手の1人」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加