【ワンタップバイのカンタン投資講座】デイトレードって何?

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/10/13

投資の期間は短期、長期とさまざまありますが、特に超短期で2〜3日から1週間の取引をスイングトレード、1日の間に売り買いを繰り返す取引(数分〜数時間単位)をデイトレードといいます。

デイトレードでは、毎朝、ニュースやチャートなどそれぞれ得意の分析方法で、その日に動きのありそうな銘柄の目星をつけ「いくらで買っていくらで売るかなど」を決めたりしながら、市場の始まりを待ちます。いよいよ市場が始まると、選んだターゲットのチャートや板情報とにらめっこ、ひっきりなしに動く相場にくぎ付けです。よくカリスマ・トレーダーといわれる人がたくさんのパソコン画面にチャートを表示させているシーンが見られます。平成17年に起きたジェイコム株誤発注事故で、株価急落を瞬時に捉え数十億円単位でもうけたのも、このようなスタイルの個人投資家でした。9〜15時の相場に張り付き、虎視眈々(こしたんたん)とチャンスを狙って取っていく感じになるデイトレードは時間や集中力が必要でもはや職業の域といえます。相手は気まぐれな相場だけに生活を立てることができるのはほんの一部の方ではないでしょうか。(取締役 三好美佐子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「就業不能保険」はなぜ人気なのか? 保険のプロによれば...
男から高い婚約指輪を貰う代わりに、女は何を差し出す?結婚に必要なたった1つのこと
夏太りを解消するためにプチ断食ダイエットを試してみた結果
貯金「1000万の壁」を越える人の共通点
●×●=256が解ける子解けない子の差
  • このエントリーをはてなブックマークに追加