石川遼意気消沈で「入れ替え戦」苦戦

石川遼意気消沈で「入れ替え戦」苦戦

  • まいじつ
  • 更新日:2017/09/17
No image

(C)まいじつ

プロゴルファーの石川遼がアメリカのPGAツアーの入れ替え戦で苦戦をしている。

石川は今季、PGA1部の20試合に出場したものの、予選通過は8回のみで、1部残留に必要なポイント数が確保できず、2部ツアーとの入れ替え戦に回ることになった。

「入れ替え戦は全部で4試合あり、その初戦で石川は50位と散々な結果でした(現地時間9月4日)。4戦を終えて上位25人までに残ることができなければ、来季は2部ツアーへ降格です。石川は厳しい状況に置かれています」(専門誌記者)

入れ替え戦初戦後に石川は、「すごく悩んだり考えたり、試行錯誤のシーズンだった」と、弱気ともとれるコメントを残した。不振の原因はショットの安定さを欠いていることだ。それは本人も分かっているようだが、ほかにも原因があるという。

施設グレードの差を痛感か

「メジャーな大会と無名のツアーでは、施設に大きな格差があります。クラブハウスの食事メニュー、シャワールームの清潔さ、周辺ホテルにしても、ベッドだけの狭く薄暗い部屋しかありません。初戦では、トイレも億劫そうに使っていました。全ての2部ツアーがそうではありませんが、みんなそういった環境から這い上がってくるのです」(特派記者)

先の石川のコメントは、シャワールームを出たあとに発せられた。環境の違いが気持ちをさらに萎えさせたようだ。若くして頭角を現した石川は、常にいい環境でプレーをしてきた。入れ替え戦前は「失うものは何もない」と言っていたが、実際に施設の違いを感じたのかもしれない。

「石川は『一打に対しての思いが下がってしまった。そのことに気付いた』とも話していました」(同・記者)

1部ツアーへの残留に失敗した場合、日本への帰還も検討しているという。日本のゴルフ場の施設は充実しているので、いずれショットの安定さも取り戻せるかもしれない。しかし、“お坊ちゃん体質”を改めなければ、活躍するまでには至らないだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岡崎2戦連続弾も...レスター、エースのPK失敗響きリヴァプールとの打ち合い敗れる
サッカー公式戦に小型犬が乱入! 華麗なドリブル披露→試合後になぜか「インタビュー」
アウェイで勝ち点3を獲得したチェルシー...モラタの活躍に指揮官もご満悦
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
「希望の星だ!」「恐れを知らない仕掛け」 強豪ポルト戦で輝いた中島翔哉を地元紙が賞賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加