最新ランキングをチェックしよう
選定基準は何?  爆死映画『新聞記者』の日本アカデミー賞受賞に邦画ファンも困惑

選定基準は何? 爆死映画『新聞記者』の日本アカデミー賞受賞に邦画ファンも困惑

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/03/09

3月6日、『第43回日本アカデミー賞』の授賞式が行われ、最優秀作品賞に『新聞記者』が輝いた。
 同作からは最優秀主演男優賞に松坂桃李、最優秀主演女優賞にシム・ウンギョンが選ばれ、3部門を制覇することとなった。
『新聞記者』は加計問題などについて執拗に質問を浴びせ、“菅官房長官の天敵”と呼ばれる東京新聞・望月衣塑子記者による同名自伝本が原案。国家権力の闇に迫ろうとする新聞記者(シム)と現政権に不都合

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロシア発のゴシックサスペンス『殺人狂騒曲 第9の生贄』7月公開
実写版『異世界居酒屋 のぶ』が面白すぎる リアクションだけで飲めるレベル
『ワイルド・スピード』新作ゲーム、映像公開!映画キャストも声で参加
“テニミュ”リモート歌唱&OBキャストコメント映像、1ヶ月限定で公開
山崎賢人、映画『キングダム』続編決定を報告も原作ファンが心配する「年齢問題」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加