巨人野上這いつくばって前へ「コモドドラゴン」トレ

巨人野上這いつくばって前へ「コモドドラゴン」トレ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/13
No image

コモドドラゴントレーニングを行う巨人野上(撮影・桑原幹久)

「コモドドラゴン」が生まれてくるコドモのために頑張る。西武からFAで巨人に加入した野上亮磨投手(30)が12日、熊本・山鹿市内で自主トレを公開。爬虫(はちゅう)類最強と呼ばれる「コモドドラゴン」の動きを参考にしたトレーニングを行った。最大体長約3メートル、体重166キロ、ゾウや馬といった巨大動物さえも捕食してしまう絶滅危惧種の動きをまねるなど、雪が舞う寒さの中、約4時間体を鍛え抜いた。

セ・リーグの強打者を食い倒す。14年オフ、ひざの痛みを覚えた。知人に紹介されたトレーナーから両手両足をひねりながら、地面をはいつくばって前へ進む「コモドドラゴン」の動きを紹介され「体を一から作りたい」と取り入れた。股関節、肩周り、背骨など体の中心部分が鍛えられ「肩を故障しにくくなった。リリースも前で離せるようになった」。昨季は自身最多の11勝をマーク。数字にも効果が表れてきた。

昨年結婚した元モーニング娘。の石川梨華との間に、第1子となる男の子が今春にも誕生予定。「子どもも生まれるので、気持ちは高まっている。早く1勝を挙げて、目標は2桁勝利です」。昨季14勝のマイコラスの穴を埋め、公私とも幸せな1年にする。【桑原幹久】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
地元のスーパースター・イチローを中日が本格調査
清宮が1軍キャンプ内定!日本ハム高卒新人野手では中田以来10年ぶり
三田友梨佳、白鵬「かち上げ問題」への見事な講釈に安藤優子も脱帽!
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
地元・仙台で駆け抜けた7年間 愛された元楽天29歳の足跡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加