頭皮の乾燥肌と脂性肌の違い

頭皮の乾燥肌と脂性肌の違い

  • 頭美人
  • 更新日:2017/08/15
No image

頭皮の乾燥肌と脂性肌の違い

頭皮の状態に問題がある肌質には、乾燥肌と脂性肌があります。

それぞれの肌タイプによって生じる問題や対策方法が異なるため、改善するには性質を理解しておく必要があります。

今回は「頭皮の乾燥肌と脂性肌の違い」を解説していきます。

頭皮の乾燥肌とは

頭皮の乾燥肌は、毛穴からの皮脂の分泌量が少ないため、頭皮に脂質が不足している状態のことです。

頭皮が乾燥しているとかゆみやフケが出やすくなります。特に頭皮の乾燥肌のフケはパラパラな乾いたフケという特徴を持っています。頭皮を清潔にしていてもフケが出やすいのも特徴になっています。

皮脂の分泌量が少ないことは、頭皮のアレルギーが出やすいことにもつながりますのでアレルギー性の湿疹を併発する場合もあります。

頭皮の脂性肌とは

頭皮の脂性肌は、皮脂が過剰に分泌されているため、頭皮がベタベタしている状態のことです。

皮脂の過剰分泌は、ベタつきによる不快感だけではなく、頭皮環境が皮脂によって悪化してしまうことも問題です。
特に皮脂を餌として繁殖した細菌が原因の、頭皮ニキビや頭皮湿疹ができやすくなるため、改善が必要になります。

それぞれの肌のタイプに効果的な対策・改善方法

頭皮の乾燥肌と脂性肌はそれぞれ原因が異なるため、対策方法も違うものになります。

「乾燥肌対策」

頭皮の乾燥肌を改善するにはまずシャンプーを見直す必要があります。シャンプーのやりすぎによって頭皮の皮脂が奪われている可能性があるからです。

特に朝シャンを習慣にしている方は、シャンプーの回数が多すぎることが考えられます。シャンプーは1日1回にしましょう。

乾燥肌に適しているシャンプーは、洗浄力の控えめなアミノ酸系のシャンプーです。皮脂を落としすぎないので頭皮の乾燥を緩和させたい方におススメです。

またオイルによる頭皮の保湿も乾燥改善に効果が期待できるので、頭皮ケアに取り入れてください。

「脂性肌対策」

皮脂が過剰分泌する原因には、脂質の取りすぎと合っていないシャンプーに過剰反応していることが考えられます。

そのため脂性肌は、まず食生活を見直す必要があります。脂質、特に動物性の脂質を含む食品を摂取しすぎている場合は、低脂質の食事メニューに変えましょう。

シャンプーで頭皮の脂質を取りすぎると過剰反応を起こし、皮脂が過剰分泌される場合があります。

洗浄力の強いシャンプーを使っている場合は、洗浄力が弱いものに変えるようにしましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
出るとこは出したい♡ダイエットしながら「バストアップ」を目指す方法4つ
ダイエットの鍵となる「代謝を上げる」とは実際には何を意味するのか?
最旬カラーはプチプラでマーク!  キャンメイク、セザンヌの秋コスメは色も質感もすぐれもの
壇蜜が2位!男性が惹かれる「和顔」女性芸能人1位はまさかの...
『ルナソル』秋新作コスメ♡ ライターゆうりがコレ、ぜ〜んぶお試し☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加