最新ランキングをチェックしよう
中国富裕層がハマるマナー教室 「10日間で150万円」の高額講座も

中国富裕層がハマるマナー教室 「10日間で150万円」の高額講座も

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2016/10/20

急に金持ちになり、周囲の環境が変わってしまった中国人女性たちは、エチケットや公共の場所でのふるまい方などのマナーの習得に関心を高めている。中国で最初のフィニッシングスクール(文化や教養を身につける学校)であるInstitute Sarita(瑞雅礼儀)は、香港人のサラ・ジェーン・ホーが、レベッカ・リーと共に2013年に北京に設立した。欧米と中国の2つの文化に対応したマナー講座を売りとする同スクール

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国高速鉄道はいったいどうしてしまったのか、主要路線で重大問題が発覚―米華字メディア
「どうして日本人は一年中...」中国人がどうしても理解できないこととは?=中国ネット「韓国も同じ、本当に耐えられない」「私は好きだけど」
韓国人が見た、東京とソウルのコンビニの違い=「もし韓国のコンビニも日本のようにしたら...」―韓国ネット
「死んでも嫌いだ」と反日感情を語る中国人を日本に行かせてみた=中国メディア
日本のように定着させるのは無理?ソウル市がサービス向上のために導入した制度に不満の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加