最新ランキングをチェックしよう
中国富裕層がハマるマナー教室 「10日間で150万円」の高額講座も

中国富裕層がハマるマナー教室 「10日間で150万円」の高額講座も

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2016/10/20

急に金持ちになり、周囲の環境が変わってしまった中国人女性たちは、エチケットや公共の場所でのふるまい方などのマナーの習得に関心を高めている。中国で最初のフィニッシングスクール(文化や教養を身につける学校)であるInstitute Sarita(瑞雅礼儀)は、香港人のサラ・ジェーン・ホーが、レベッカ・リーと共に2013年に北京に設立した。欧米と中国の2つの文化に対応したマナー講座を売りとする同スクール

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
先手を打った米国。「ソウルを火の海にしない」北朝鮮打撃法とは
成長産業の独占を狙う中国、他国はもはや太刀打ちできない―英誌
日系車がなぜ売れるかって? トヨタ・カローラを例に説明しよう=中国報道
アフリカを飲み込みつつある中国人のエゲツない「黒人差別」意識
北海道に「500万人の中国人」が押し寄せる未来 | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その6~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加