最新ランキングをチェックしよう
中国富裕層がハマるマナー教室 「10日間で150万円」の高額講座も

中国富裕層がハマるマナー教室 「10日間で150万円」の高額講座も

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2016/10/20

急に金持ちになり、周囲の環境が変わってしまった中国人女性たちは、エチケットや公共の場所でのふるまい方などのマナーの習得に関心を高めている。中国で最初のフィニッシングスクール(文化や教養を身につける学校)であるInstitute Sarita(瑞雅礼儀)は、香港人のサラ・ジェーン・ホーが、レベッカ・リーと共に2013年に北京に設立した。欧米と中国の2つの文化に対応したマナー講座を売りとする同スクール

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
幸運祈って飛行機のエンジンに硬貨投入、80歳女性を拘束 中国
台湾人が日本に行きたがり、韓国には行きたがらない理由=台湾メディア
日本に降り立った瞬間から感じた「細部に体現されていた日本の発展ぶり」=中国報道
日本人が選んだ「中国史上No.1の英雄」に中国ネットが反応=「日本人の価値観は正しい」
韓国人特有の病気?米医学会が正式に「火病」の存在認める―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加