ハンドボール日本女子「変幻ディフェンス」で世界へ

ハンドボール日本女子「変幻ディフェンス」で世界へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

ハンドボール女子世界選手権

ハンドボール女子日本代表が「変幻ディフェンス」で世界に挑む。世界選手権(12月2日開幕、ドイツ)の壮行会が13日、都内で行われ、ウルリック・キルケリー監督(45)は「複数の守備システムで臨み、そこからの速攻で戦いたい」と話した。

ゴール前を一線で守る基本的な6-0と、リオ五輪予選前に取り組んでいた前線3人が相手にプレスをかける3-3を併用。試合の中でも頻繁に変化させて、相手に的を絞らせない。「急に変わるので、相手は戸惑う。それも狙い」と原希美主将(26)。強豪ぞろいの1次リーグだが、変幻守備からの速攻で決勝トーナメント進出(1次リーグ4位以内)を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大好きな長崎を盛り上げたい──。徳永悠平が語った『地元愛』
【全日本大学バスケットボール選手権(インカレ) 20日開幕】学生ナンバーワンをかけ「戦国時代」を勝ち抜くのはどのチームか? 大混戦必至、その理由とは。
浦和遠藤、ハルビン警戒「得点能力の高さは脅威」
【24日のJ移籍動向】成岡が5季プレーした新潟と契約満了 38歳の“渡り鳥FW”木島は讃岐退団
アルヒラル・ディアス監督、勝利へ「準備できてる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加