人は見た目が9割!?「ユニフォーム効果」をしつけにも活かすテク

人は見た目が9割!?「ユニフォーム効果」をしつけにも活かすテク

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2017/08/11
No image

人は、身に付けている服で気分が変わります。

スーツを着れば気持ちが引き締まりますし、パジャマやジャージを着るとリラックスしたり。これを“ユニフォーム効果”と言います。

実はこれ、子どものしつけに有効なんですよ。

どういうことなのか『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』の著者の立石美津子がお話しします。

「ユニフォーム効果」自分の心持

着物

最近は着物を着るママは少ないですが…。

入園式や七五三に子どもが着飾るだけでなく、親も着物を着るとなんとなく緊張感もあり、おしとやかになりませんか。

普段「なにやってんの!こら!いい加減にしなさい!」なんて暴言を吐いていても「ほら、今は何をするときですか」と急に言葉遣いが丁寧になったりします。

誰かと同じ服装

恋人とペアルックにしたり、部活で仲間と同じユニフォームを着たり。

子どもの応援をするときにママ達と同じTシャツを着るのも“グループの一員である”という一体感を持たせる効果があります。

このように、服装によって気分が左右されます。「服装がその人の態度と行動に影響を与える」という“ユニフォーム効果”です。

「ユニフォーム効果」他人からの評価

馬子(まご)にも衣装

“馬子にも衣装”という諺があります。“馬子”とは、昔、駄馬に荷物や人を乗せて運ぶことを職業とした人で、「馬子のような身分の低い人でも羽織袴を着れば、立派に見える」という意味です。

“孫にも衣装”ではありませんが、子どもだって服装によっては“立派なお坊ちゃま風”に見えたりします。

たとえば、元日に家族で外食する場合「子どもはどうせ食べ零して汚すからいつものトレーナーでいい」「今日は元日だけど普段着でいい」などと思う気持ちもわかりますが、着る物を変えるだけで子どもは気持ちの切り替えも出来ますし、店員のサービスもよくなるかもしれません。

警察官の「ユニフォーム効果」

信号の先に交番があり、そこに警察官がいる場合、横断歩道を渡る前に信号が点滅していたら小走りすることを躊躇ってしまいます。相手の服装で判断している例ですね。

医師の「ユニフォーム効果」

白衣を着ている医師を見ると、子どもは「注射されるかもしれない」と怖がって泣きます。このため、小児科であえて白衣を着ない医師もいるほどです。

習い事の先生の「ユニフォーム効果」

ママの習い事でも子どもの習い事でも、担当する先生が“小汚い格好”をしているとどうでしょう。

同じ授業料を払う場合でも、先生が教師らしい身だしなみですと「お金を払う価値がある」と思い、その辺のスーパーに行く格好やジーンズ姿だと「せっかくお金と時間を費やしているのにこんな先生に習っているのか」と思ってしまいますよね。

子どもも普段着の先生に対しては「お母さん先生」と思い、そうではない先生に対しては「ママとは違う先生だ!」と思うようです。

「ユニフォーム効果」子どもへの応用

お正月の服装

元日は一年の始まりです。家で迎える1月1日でもパジャマやジャージでおせち料理を頂くのではなく、正装させましょう。きちんとした服装は、新しい年を迎えるにあたり心を引き締めてくれます。

ファミレスではない、ちょっと普段と違うレストラン

子どもが結婚式の披露宴に招待されたり、お葬式に参列させる機会があったとき、まさか普段のトレーナーやジーパンは履かせませんよね。これと同じで外食するときは洋服を変えてみませんか。

普段、家で食事中のしつけがうまくいかず悩んでいるママ。外食時にきちんとした服装をさせることで、これをきっかけに家庭内での食事のマナー教育がうまくいくこともありますよ。

子どもに「これだけは守ってほしい」と思うとき

しつけがなかなか上手くいかないときは、親の見た目を変えてみましょう。

子どもに注意するとき、普段と同じ声のトーンや顔つきだったり、お皿を洗いながら、携帯をいじりながら注意したり、さらに見た目もエプロンを付けたままの普段着で言っても、親の叱責は子どもの耳から耳へ通り抜けていきます。

そんなときは子どもを正座させましょう。親も正座し、ブレザーを羽織って淡々と「今から病院に行きますが、待合室では座っていましょう」と言葉遣いも丁寧語に変えて注意します。

見た目を変えるだけで「おお、いつもと違う雰囲気のママだぞ。しっかり聞かねば」と子どもは思います。

まとめ

「人は見た目が9割」という言葉がありますが、見た目とは服装が大きな割合を占めます。人は服装に反応し、相手を評価します。

子どもにしつけをするときは“ユニフォーム効果” を活用しましょう。

(ハピママ*)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ「熟女AV」は今もなお売れ続けているのか? アダルトビデオメーカー美人広報がその要因を分析
スマホを持たない女子高生が触っていたものは? 「切なくて泣きそうになった」「数年前までやっていた」と共感集まる
「後ろの座席から女性の足が見えているんだけど...どうすべき?」飛行機で遭遇した珍事
顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?
【正解でええやろ!】子供がテストでバツをもらった回答がハイスペック過ぎてむしろスゲェ!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加