速報:Panasonic、フルサイズミラーレスカメラ「LUMIX S」シリーズ発表! ライカ、シグマのレンズも使える「Lマウント」採用

速報:Panasonic、フルサイズミラーレスカメラ「LUMIX S」シリーズ発表! ライカ、シグマのレンズも使える「Lマウント」採用

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2018/09/25

8K撮影はお預け。

現在、ドイツで開催されているカメラの祭典Photokina(フォトキナ)にて、Panasonic(パナソニック)がフルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラ「LUMIX S」シリーズを発表しました。

発売時期は2019年春、価格は未発表。高性能な手ブレ補正「Dual I.S.」と最大47MPのセンサーが特徴的なフルサイズミラーレスカメラです。今回は開発を表明したかたちとなりましたが、ソニーα、ニコンZ、キヤノンのRに続く、4人目の巨人「S」が登場です。

47MP・24MPの2モデル

No image

Image:PanasonicLumixVideo/YouTube

Sシリーズは「S1R」と「S1」の2機種発表。S1Rが47MPの高画素モデル。S1が24MPのスタンダードモデルになります。筐体やダイヤルの赤いワンポイント、操作ボタン類は、Gシリーズのフラッグシップ「G9 PRO」に似ています。

No image

Image:PanasonicLumixVideo/YouTube

4K/60pの動画撮影はもちろんのこと、新しいVenus Engineを搭載します。また、ボディとレンズ両方の手ブレ補正を組み合わせる「Dual I.S.」対応。オートフォーカスは像面位相差ではなくコントラストAFですが、AIを用いた画像処理で高速なAFを実現するとのこと。

XQDとSDカードのデュアルスロットで、100%シーリングの防塵仕様。3軸のチルト液晶を搭載します。

ライカ、シグマのレンズも使える「Lマウント」を搭載

マウントは、ライカ「Lマウント」を搭載。マウント口径は51.6mm、フランジバックは20mm。ライカ、パナソニック、シグマの3社がアライアンスを結び、今後はライカだけでなく、各メーカーから対応レンズが販売されます。

ファーストラインアップは3本のレンズ

No image

Image:PanasonicLumixVideo/YouTube

パナソニックから登場するLマウントレンズは3本。

・50mm f1.4
・24-105mm
・70-200mm

No image

Image:PanasonicLumixVideo/YouTube

Lマウントのアライアンスでは、パナソニックからは1年以内に10本、ライカから8本、シグマから多くのレンズが登場すると公表されています。

LIMUX Gシリーズは継続

No image

Image:PanasonicLumixVideo/YouTube

もちろんのこと、ダブルフラッグシップの「G9 PRO」「GH5S」を擁するGシリーズ(マイクロフォーザーズ)は、継続。SシリーズがGシリーズの上位モデルという位置付けです。

今後のロードマップ

No image

Image:PanasonicLumixVideo/YouTube

S1R・S1では、噂の8K撮影は実現しませんでしたが、2020年の東京五輪に向けて8K撮影を目指すとのこと。

Source:YouTube

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
最近のものってこんなにすごいの? 有能すぎる「家計簿アプリ」3選
パソコン&タブレットで音楽や動画を楽しむ人におすすめ!モニタースピーカー『iLoud Micro Monitor』はコンパクトなのにガツンとパワフル!
「Googleカレンダー」と「Googleタスク」の組み合わせが、最強のToDo管理アプリになる理由
入場規制があった旭化成エレクトロニクス、超低消費電力系アイテム...CEATEC 2018
グンゼが再生しないといわれるひざ軟骨の再生基材「CHONDROVEIL」を開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加