オリ・吉田正8回決勝打!雄星毎回12K完投も5敗目

オリ・吉田正8回決勝打!雄星毎回12K完投も5敗目

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

◇パ・リーグ オリックス4―2西武(2017年8月10日 京セラD)

No image

<オ・西>8回裏2死一、二塁、吉田正は勝ち越しとなる左越え2点適時二塁打を放つ

オリックスの吉田正が2―2と同点の8回に、西武・先発の菊池から左越え2点適時二塁打を放って勝ち越し4―2で勝利。オリックスは2カード連続の勝ち越しとなった。

2―1の8回に3番手・近藤が浅村に13号同点ソロを浴び、試合は振り出しに戻ったが、その直後に2四球でチャンスを作ると、2番に入った吉田正が8回裏2死一、二塁から決勝打を放った。

先発の松葉が6回1失点と好投。3番手・近藤がプロ入り初白星。この日、1軍復帰した4番手・平野が9回をきっちり締めて20セーブ目を挙げた。

西武は先発の菊池が8回を投げ、被安打3で毎回の12三振を奪ったが4失点で5敗目。打線も2得点にとどまり、球団新となる12試合連続5得点以上とはならなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[UAチャレンジカップ]MF河合の決勝点で慶應義塾志木が宜野湾に競り勝ち2連勝(20枚)
[UAチャレンジカップ]試合で足をつらなくなるには?栄養講習会で学ぶ身体づくり(8枚)
DeNA今永が初10勝 女房役嶺井と爆笑お立ち台
3回戦突入!東海大菅生、二松学舎大附は2年ぶりの東京都勢ダブル8強入りはなるか?
[UAチャレンジカップ]正しい走り方に必要な“3要素”とは...?DAHトレーニング講習(16枚)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加