ロボットが外国人に観光案内!NTT西日本が大阪市で実証実験

ロボットが外国人に観光案内!NTT西日本が大阪市で実証実験

  • RBB TODAY
  • 更新日:2016/11/30
No image

西日本電信電話(NTT西日本)、日本電信電話(NTT)、関西経済連合会(関経連)は、ロボットとデジタルサイネージを組み合わせた観光案内ソリューションの実証実験を30日から大阪市で開始すると発表した。

外国人観光客が多い大阪シティエアターミナル(OCAT)において、NTTグループのAI関連技術「corevo(コレボ)」を実装したロボット「Sota(ソータ)」とデジタルサイネージを利用し、観光案内や外国人観光客に需要が高い無料Wi-Fiの案内を行う。

「corevo」を実装した「Sota」は外国人観光客と双方向での対話が可能。外国人観光客の国籍や滞在日数などを対話により取得し、デジタルサイネージに映し出された写真を用いながら、外国人観光客の興味に沿った観光名所の説明を行う。

各社の主な役割は、NTT西日本が本実証実験の企画・運営及び「corevo」を実装した「Sota」、デジタルサイネージ、ネットワーク環境の提供。NTTは「corevo」の技術提供。関経連は観光案内コンテンツ及び無料Wi-Fi「KANSAI Free Wi-Fi(Official)」の提供となる。

実施期間は11月30日~12月22日の平日10時00分~18時00分、実施場所はOCAT1階総合案内所前(大阪市浪速区)。同実証実験の結果をもとに、観光案内ソリューションへの商用化へ向けた検討を行っていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Androidスマホの見た目をWindows 10 Mobileにする方法
トヨタ製カーナビアプリが無料公開。使い勝手どう?
スマホで音楽を“いい音”で聴く10の方法
自転車でiPhoneを充電!ペダルも重くならないチャージャーが発売!
家にあるリモコンをすべて投げ捨てて「eRemote mini」にしたい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加