桐生祥秀、東洋大卒業後も土江寛裕コーチとタッグ

桐生祥秀、東洋大卒業後も土江寛裕コーチとタッグ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

桐生祥秀(17年6月23日撮影)

男子400メートルリレー代表の桐生祥秀(21=東洋大)が大学卒業後も、土江寛裕コーチ(43)の指導を受け続けることが12日、分かった。日本歴代最多10度の10秒0台を誇る大学4年生は、04年アテネ五輪男子400メートルリレー4位のコーチに師事し、日本人初の100メートル9秒台、その先の20年東京五輪を狙う。

京都・洛南高3年時に日本歴代2位の10秒01を記録した桐生は、東洋大入学と同じタイミングで同大のコーチとなった土江氏の指導を受けてきた。自己ベストは当時と変わらず10秒01だが、今季は向かい風の悪条件の中、10秒08、10秒04を出すなど4度の10秒0台をマークしている。爆発力に加えて、安定感も増してきた。6月の日本選手権では4位に沈み、世界選手権は400メートルリレーのみの出場も、着実に右肩上がりの成長曲線を描いてきた。

日本代表にも同行する土江コーチは、08年と16年五輪では男子400メートルリレーのメダルに貢献するなどデータの細かな分析にも優れる。卒業後の進路については今後詳細を詰める。所属は変わるが、タッグは変わらず走り続けていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
逮捕の慶大生「ポケモンGOをしていたら見つけた」
日テレ岩本乃蒼「スッキリ!!」卒業で囁かれる体のヤバい変化
台湾やミャンマーも侵略されたのに・・・なぜ中国と違って「日本を恨まないのか」
指原莉乃が下着の色明かす「派手なのは...」
「アソコを舐めない男」とは別れよう!「舐める男」を見分ける方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加